シリーズ「DNA鑑定秘話」第59回

「公開大捜査」に出演した記憶喪失の和田さんと「伸矢くん」の父親のDNA一致せず

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記憶喪失した和田さんと 「伸矢くん」の父親の DNAは一致せず! 親子ではなかった!の画像1

29年前に4歳で行方不明になった松岡伸矢さん(茨城県警察のHPより

 発端は2014年7月29日――。和田竜人さん(仮名)が愛知県内のショッピングセンターのトイレで意識不明のまま保護されたことに始まる。和田さんは、病院に搬送され、熱中症と意識障害と診断される。

 2018年1月31日に放送された『緊急!公開大捜索’18春〜今夜あなたが解決する!記憶喪失・行方不明スペシャル〜』(TBS系)に出演した和田さんは、「両親の記憶もない」と発言し、身元情報を求める。

 放送も終盤になり、視聴者から「伸矢くんに似ている」という多数の情報が寄せられていることが明かされる。「伸矢くん」とは、29年前の1989年、徳島県内で行方不明になった松岡伸矢くん(当時4歳)のことだ。

 徳島県警にも情報が寄せられたため、県警は伸矢くんの両親のDNA鑑定を行うと表明。だが、2月3日、「別の有力情報が入ったため」、両親のDNA鑑定を一旦は保留という報道が流れた。ただし、それらは誤報で、3日夜、伸矢くんの父親である松岡正伸さんが、自身のFacebookで「徳島県警がDNA採取を行なった」ことを明かしている。

 その後、県警によるDNA鑑定の結果、両者のDNAが一致しなかったことを発表している。
 
 報道によれば、松岡伸矢くんの行方不明が発覚直後、徳島県警は、県警機動隊、消防署員、地元消防団員、市民などおよそ200人を動員し、3ヶ月間に渡り捜索を続けたが、手がかりはなく、捜索を打ち切る。

 一方、和田さんは、4歳頃から17年間、見ず知らずの男性の家に軟禁されていたが、脱走。脱走後の記憶もない。身元を確認できる証明書がないため、部屋を借りられなかったが、現在は愛知県一宮市の自立支援センターで暮らしている。和田さんの身元は依然として判然としない。現在は「25歳」とのことだ。

 となると、松岡伸矢くんは現在35歳になるため、和田さんとは10歳もの年齢差が。DNA鑑定をせずとも、別人であることは明白のようにも思えるが……。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆