本能で楽しむ医療ドラマ主義宣言! 第6回

『アンナチュラル』現役医師が感じた心肺蘇生術&感電死への違和感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『アンナチュラル』現役医師が感じた心肺蘇生術&感電死への違和感 の画像1

心肺蘇生は心臓マッサージが最優先(depositphotos.com)

 第6回の『アンナチュラル』。集団暴行、ビットコイン(仮想通貨)など、最近耳にした様な言葉が盛りだくさんの内容でしたね。ただ医学ネタに関しては開業医である私からみても、突っ込みどころ満載で、アンナチュラルな場面がありました(笑)

 まず、今の心肺蘇生術は30回の心臓マッサージに対し1回の人工呼吸が基本です。1回の人工呼吸で2回息を吹き込みます。

 劇中でミコトは、まず人工呼吸から入ろうとしていましたが、実は優先すべきは心臓マッサージなのです。その心臓マッサージと人工呼吸のタイミングが、上記のように心臓マッサージ30回に対して、人工呼吸1回という事なのです。

脳に酸素を届けるためには心臓マッサージが最優先

 私が医師になりたての頃は、「1、2、3、4、5、フーッ!」といった感じで5回の心臓マッサージに1回の人工呼吸が基本でしたが、今はその数が全く違います。心肺蘇生法ガイドライン(日本蘇生協議会)は5年ごとに見直されますので、知識のアップデートも必ず必要という事です。

 私が医師になってから、何回見直されたという事でしょうか……?考えたくもありません……。

 もし、医療器具の無い場所でひとり蘇生術を行う場合、まず行う処置は心臓マッサージ、つまり胸骨圧迫です。その胸骨圧迫のリズムも「心肺蘇生法ガイドライン2015」では、「1分間に100回から120回のテンポ」、とされています。これ、かなり体力が必要です。

 また、AED(自動体外式除細動器)のパッドを胸に貼るときも、胸骨圧迫を中断する時間を最小限にする、と書かれており、中断時間は10秒を超えてはいけない、とされています。それだけ胸骨圧迫(心臓マッサージ)が大切だということです。

 呼吸が止まり心臓も止まったとき、身体には十分な酸素が運ばれません。心臓が止まったときにまず心臓マッサージを行う一番の理由は、脳に酸素を届けるためです。脳は3~5分放置されると障害が残るといわれていますから、体の中に残った少ない酸素でも、優先的に脳に届ける努力をするわけです。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇