寝る子にスマホは触らすな! 就寝前のスマホ・ゲームで近視・肥満・睡眠障害に

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
寝る子にスマホは触らすな!  就寝前のスマホ・ゲームで近視・肥満・睡眠障害に……の画像1

就寝前の電子機器の使用は、近視や肥満、睡眠障害の原因に(depositphotos.com)

 昨年のクリスマスは、わが子に念願の携帯電子機器をプレゼント。その喜んだ笑顔が迎春後も忘れられない――。そんな親御さんも決して少なくないだろう。

 が、そういう親御さんにこそ、12月22日に文部科学省が公表した『学校保健統計調査』の結果と、米国発の新知見を知っていただきたい。

視力1.0未満の小中学生が「過去最高」

 毎年実施されている『学校保健統計調査』の集計結果(全国各地の5~7歳が対象)によれば、裸眼視力が1.0未満の小中学生の割合が「過去最高」を記録。文科省は、スマートフォンやゲーム機の画面を近くで長時間見続ける「生活習慣の影響」が現われたとの見解を示した。

 一方、こうした子どもの健康への悪影響を「就寝時の電子機器の使用」という条件下に絞って比較調査したのが、米ペンシルベニア州立大学ハーシー医学部の研究陣だ。研究には、同大附属の2診療所(1つは肥満専門クリニック)に登録している子ども(234人)の保護者を対象に調査が行なわれた。

 わが子に与えている電子機器(スマホ/ビデオゲーム/コンピュータ/テレビ)の具体的な使用時間や生活場面でのタイミング以外にも、子どもの「①睡眠時間や睡眠の質」「②朝の疲労感について」「③注意力の様子」「④日頃の運動量はどうか」も事細かに訊いた。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆