寝る子にスマホは触らすな! 就寝前のスマホ・ゲームで近視・肥満・睡眠障害に

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
寝る子にスマホは触らすな!  就寝前のスマホ・ゲームで近視・肥満・睡眠障害に……の画像1

就寝前の電子機器の使用は、近視や肥満、睡眠障害の原因に(depositphotos.com)

 昨年のクリスマスは、わが子に念願の携帯電子機器をプレゼント。その喜んだ笑顔が迎春後も忘れられない――。そんな親御さんも決して少なくないだろう。

 が、そういう親御さんにこそ、12月22日に文部科学省が公表した『学校保健統計調査』の結果と、米国発の新知見を知っていただきたい。

視力1.0未満の小中学生が「過去最高」

 毎年実施されている『学校保健統計調査』の集計結果(全国各地の5~7歳が対象)によれば、裸眼視力が1.0未満の小中学生の割合が「過去最高」を記録。文科省は、スマートフォンやゲーム機の画面を近くで長時間見続ける「生活習慣の影響」が現われたとの見解を示した。

 一方、こうした子どもの健康への悪影響を「就寝時の電子機器の使用」という条件下に絞って比較調査したのが、米ペンシルベニア州立大学ハーシー医学部の研究陣だ。研究には、同大附属の2診療所(1つは肥満専門クリニック)に登録している子ども(234人)の保護者を対象に調査が行なわれた。

 わが子に与えている電子機器(スマホ/ビデオゲーム/コンピュータ/テレビ)の具体的な使用時間や生活場面でのタイミング以外にも、子どもの「①睡眠時間や睡眠の質」「②朝の疲労感について」「③注意力の様子」「④日頃の運動量はどうか」も事細かに訊いた。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆