シリーズ「AIと医療イノベーション」第23回

FacebookでAIが「ネット自殺」ほのめかしを検知!警察や自殺防止ホットラインなどに通報

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FacebookでAI(人工知能)が「ネット自殺ほのめかし」を早期発見!自殺予防に貢献か?の画像1

FacebookでAIが「ネット自殺ほのめかし」を早期発見(depositphotos.com)

 米Facebookは11月27日、「ネット自殺」をほのめかすコメント投稿やライブビデオ投稿をAI(人工知能)を使って検出し、モデレーター(調停者)である専門対策チームに報告する活動を、プライバシー関連法が参入障壁になるEUを除く世界各国で始動したと発表した(「ITmedia」2017年11月28日)。

米国ではAIが1カ月間で約100件以上の「ネット自殺ほのめかし」投稿を報告

 米Facebookは、2011年から自殺防止対策に取り組み、問題のある投稿をFacebookの専門対策チーム(Community Operationsチーム)に報告し、報告されたユーザーにアドバイスメッセージを表示してきた。

 従来は、友達などの第三者からの報告に基づくアクションだったが、今後は、AIのパターン認識技術を活用し、ネット自殺をほのめかす投稿をいち早く検知し、専門チームに通報できるので、より迅速に自殺の危険性の高いユーザーにアクセスし、接触しやすくなる。

 AIがチェックするのはコメント投稿だけでなく、ライブビデオのコメントも対象だ。たとえば、ライブビデオのコメントに「Are you OK?”(大丈夫?)や「Do you need help?(助けが必要?)」などのコメントがあれば、AIが直ちに探知し、対策チームに速報する。

 AIは支援対象の優先度も判断できるため、報告された投稿をパターン認識によってさらに精確に解析し、緊急性の高い投稿のレビューを優先するように対策チームに速報する。リスキーな緊急事態に即応するトリアージ機能だ。

 また、チームメンバーが個々の投稿のどの部分が問題かを迅速に判断できるように、AIがコメントが集中しているビデオの部分を的確に明示する。

 米国では、AIが1カ月間で約100件以上の投稿を対策チームに報告している。対策チームは7500人以上が世界中から寄せられた報告に24時間体制で対処している。FacebookはAIのシステムの最適化とともに、偽陽性(ニセ情報や誤報)の回避に努めていくとしている。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇