『陸王』で話題の「マラソン足袋」~人類本来の「裸足の感覚」が味わえる?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『陸王』で話題の「マラソン足袋」~人類本来の「裸足の感覚」が味わえる?の画像1

ドラマ『陸王』では老舗足袋製造業者がランニングシューズ開発に挑戦(画像は番組公式HPより)

 話題のTBS日曜劇場『陸王』の最終回(第10話)が、平均視聴率20%の大台を超え、有終の美を飾った。

 老舗の足袋製造業者が伝統技を活かしながらランニングシューズの開発に挑戦する今作は、『半沢直樹』『下町ロケット』の作家・池井戸潤氏の原作。ドラマでは、役所広司さんや寺尾聰さんら名優陣の競演ぶり、今をときめく山崎賢人さん(息子役)、竹内涼真さん(ランナー役)が活躍するなど見どころ満載で注目された。

 ドラマに魅了された視聴者の中は、ドラマの真の主役であるシューズ『陸王』を「履いてみたい……」と思った人も少なくないはずだ。

「陸王」で足の機能を取り戻す!?

 その「裸足の感覚」で走れる地下足袋型『陸王』のモデルとなったのは、薄さ5mmの天然ゴムソールを手縫いで縫い付けた実在のランニング足袋「MUTEKI」。ドラマでは「ホモサピエンスと走りの歴史」から始まり、現代靴の「クッションの功罪」や「薄いソールの問題点」などが挿入された。

 当サイトでも、これを示唆する「<クッション性のある中敷き>にケガの予防効果なし~<素足>で足の機能を取り戻せ!」という最新知見を紹介している。

 『陸王』でランナー・茂木弘人役を、本物さながらの走りで熱演した竹内涼真さんだが、番宣として出演した医療バラエティ番組『名医のTHE太鼓判 芸能人に余計宣言SP』(TBS系・10月9日放送)では、医師から「外反母趾」という衝撃の診断をされた。

 高校時代はJリーグ・東京ヴェルディのユースチームに所属してたほどのサッカー少年だった竹内さん。右足の親指が外側に曲がっている外反母趾という診断には、「サッカースパイクをはいていたことが原因か!?」と番組内でアナウンスされた。

 外反母趾は、パンプスやヒールの高い靴を履く女性にも多く聞かれる悩みのひとつ。じつは<裸足の感覚>を実現する『陸王』的なアプローチは、ヒト本来がもつ足の機能を取り戻し足のトラブルを改善するといわれている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆