日本人316万6000人が糖尿病患者! 平均余命や障害なく過ごせる時間はどのくらい?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
09036-2.jpg

2015年12月現在、日本人の糖尿病患者は316万6000人(shutterstock.com)

 厚生労働省の調査によれば、2014年の日本人の平均寿命は男性80.50歳、女性86.83歳――。

 高度な医療システムの革新、公的保険制度の運用、健康的な食生活や栄養管理、国民の健康意識など、長命長寿を支えるファクターに恵まれていることから、日本は世界一の長寿国になった。

 一方、日本人の死因は、がん(悪性新生物)、心疾患(心筋梗塞、狭心症など)、脳血管疾患(脳卒中、脳梗塞など)が上位を占める。

 とりわけ糖尿病は、最近の研究によると、がん、心疾患、脳血管疾患の発症リスクを高める重篤な難病だ。しかも糖尿病が引き金になって発症する腎不全は、血糖コントロールの不良が続けば、全身の免疫力やホメオスタシス(恒常性)が低下するため、肺炎などの呼吸器疾患を合併する恐れがある。

70歳以上では男性の4人に1人、女性の6人に1人が糖尿病有病者

 2015年12月の厚生労働省『平成26年患者調査の概況』によれば、国内の糖尿病の患者数は316万6000人。2011年調査の270万から46万6000人も増え、過去最高を記録。2015年11月の国際糖尿病連合(IDF)の『糖尿病アトラス 第7版』では患者数720万人となっている。

 生活習慣病関連の患者数は、高血圧性疾患1010万8000人、高脂血症206万2000人、心疾患172万9000人、がん162万6000人、脳血管疾患117万9000人。高血圧性疾患に次いで糖尿病が急増している状況が読み取れる。

 2015年12月の厚生労働省『平成26年国民健康・栄養調査』によれば、糖尿病有病者(HbA1c値6.5%以上の糖尿病が強く疑われる人)の割合は、男性15.5%、女性9.8%。20〜79歳の8.8%、11人に1人が糖尿病有病者だ。50歳を超えると増えはじめ、70歳以上では男性の4人に1人(22.3%)、女性の6人に1人(17.0%)が糖尿病に悩まされている。

 2015年11月の厚生労働省『平成26年人口動態統計の概況』によれば、糖尿病による死亡数は年間1万3669人(男性7265人、女性6404人)を数えている。糖尿病による死亡は、糖尿病の合併症や糖尿病に起因する疾患によって死亡するケースが多い。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆