「病気」の記事一覧

イヌにもインフルエンザ流行……愛犬のインフル感染が飼い主にも?

ご存じのように今シーズンは、インフルエンザの流行が止まらない。 厚生労働省によれば、2月4日までの1週間に全国の定点医療機関を受診した患者数は26万8811人となり、一医療機関当たり54.33人とこれまでの最多を更新。昨年(2017年)9月からの累積患者数は、すでに11…続きを読む

イヌにもインフルエンザ流行……愛犬のインフル感染が飼い主にも?

オバマケア見直しでがん発見が遅れる!? がん死亡率の低下に貢献したメリットとは

先日、米国がん協会(ACS)が発表した報告書『がん統計2018年版(Cancer Statistics 2018)』によると、米国内の2015年がん死亡率は前年比で1.7%低下――1991年以降、毎年続いてきた低下傾向を更新する朗報が判明した。 また、この10年間で米国…続きを読む

オバマケア見直しでがん発見が遅れる!? がん死亡率の低下に貢献したメリットとは

呼吸だけでもインフルエンザに感染! ウイルスの空気感染を防ぐには「強制帰宅」?

インフルエンザ感染者が単に呼吸するだけでも、ウイルスは周囲に拡散し、同じ部屋内にいる人にも「空気感染」してしまう。その可能性は予想以上に高いことが判明した――。 あまりにも日常的な光景(要因)であるぶん、その衝撃が計り知れない最新知見が、目下、インフルエンザの猛威席捲中…続きを読む

呼吸だけでもインフルエンザに感染! ウイルスの空気感染を防ぐには「強制帰宅」?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波