「病気」の記事一覧

なぜ糖質制限で太らなくなるのか? 太るのは「インスリンの追加分泌」が原因

糖質制限が「2型糖尿病」の治療において効果を発揮することはもはや明解で、その有効性は多くの人が知るところとなりました。 しかし、糖質制限が多くの人に注目されているのは、簡単に「肥満が解消できる」、つまり「痩せる」「太らない」からです。食事指導に取り入れたエステやダイエッ…続きを読む

なぜ糖質制限で太らなくなるのか? 太るのは「インスリンの追加分泌」が原因

「五月病」は生徒より教師が深刻!「精神疾患」で5000人以上が教育現場をバーンアウト

緑風薫る5月は同時に「五月病」の季節でもあるが、本当に深刻なのは「生徒」よりも「先生」の健康状態かもしれない……。 4月28日の時事通信の記事によると、文部科学省は同日、2016年度の公立小中学校の勤務実態調査の速報値を公表。その結果は、教員の勤務の過酷さを、データとし…続きを読む

「五月病」は生徒より教師が深刻!「精神疾患」で5000人以上が教育現場をバーンアウト

ギャンブル依存症から救う<魔法のコトバ>~依存症は意志の強さだけでは治せない

今、注目されている「ギャンブル依存症」。昨年末の衆議院本会議で成立・施行された「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(IR推進法)」でカジノが合法化されるため、懸念の声が上がっている。 そのため、その対策を検討する閣僚会議が開催されたり、ギャンブル依存症対策地方…続きを読む

ギャンブル依存症から救う<魔法のコトバ>~依存症は意志の強さだけでは治せない
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔