「病気」の記事一覧

騒がしい場所で人の話しが聴きづらいのは脳のせい! 高齢者では聴力と脳の衰えのダブルパンチ

夕食の席や騒がしい通りで人が話していることが聞き取れないという高齢者は、実は聴力には全く問題がなく、脳が会話を素早く処理する能力が低下している可能性があることが、新たな研究で示唆された。この研究は「Journal of Neurophysiology」2016年11月号に掲…続きを読む

騒がしい場所で人の話しが聴きづらいのは脳のせい! 高齢者では聴力と脳の衰えのダブルパンチ

風船の破裂音で「難聴」の危険性が! ショットガンの発射音以上の爆音になるケースも……

お尻で風船割りを競ったり、制限時間の超過で風船破裂という構図は、テレビ草創期から見慣れてきた光景だ。 視聴者をハラハラドキドキさせる心理的な効果は当然ながら、色とりどりの風船が織りなす視覚効果はカラー放送時代に結構重宝された。 だが、時代の経過にともないブラウン管内…続きを読む

風船の破裂音で「難聴」の危険性が! ショットガンの発射音以上の爆音になるケースも……

不整脈で脳への血流が途絶える!「アダムス・ストークス症候群」を救う人工ペースメーカー

不整脈により心臓から脳への血流が少なくなり、脳が虚血になった状態とその症状を「アダムス・ストークス症候群」と呼ぶ。 19世紀にアイルランドの医学の発展に献身した2人の内科医、1791年生まれのロバート・アダムスと、1804年生まれのウイリアム・ストークス。2人の名に由来…続きを読む

不整脈で脳への血流が途絶える!「アダムス・ストークス症候群」を救う人工ペースメーカー
「がん免疫療法」の情報が氾濫~正しい知識を得るのが<がん克服>のカギ
インタビュー 進行がんは「免疫」で治す 第1回 昭和大学教授 角田卓也

<第4の治療>として注目されている「がん免疫療法」。がん免疫療法の最前線で研究を続けてきたエキスパートである昭和大学の角田卓也教授に、その種類と効果、実績などを元に、一般の人が「正しく治療法を選ぶための知識」について訊いた。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁