「病気」の記事一覧

コンタクトのまま寝て角膜が破裂! 3人に1人がコンタクトレンズを付けて就寝

コンタクトレンズを装着したまま一晩寝てしまった、ある男性。シャワーの後にタオルで顔を拭いていたら、左目から何かがはじけるような音が聞こえ、激痛が走った――。 そんな症例が、米疾病対策センター(CDC)が発行する『Morbidity and Mortality Weekl…続きを読む

コンタクトのまま寝て角膜が破裂! 3人に1人がコンタクトレンズを付けて就寝

今井翼、久保田利伸、八代亜紀らが闘病した難病「メニエール病」の真相とは?

メニエール病(内リンパ水腫)は、立てないほどの激しい回転性めまい(1~6時間、最大24時間)をはじめ、片側の耳の低音域が障害される難聴、耳鳴り、詰まり感のほか、悪心、嘔吐を発作的に繰り返し、発汗、下痢、歩行不安定などを併発する内耳の難病だ。発作時間は数10分から数時間続き、…続きを読む

今井翼、久保田利伸、八代亜紀らが闘病した難病「メニエール病」の真相とは?

脳梗塞は「夏」に最も多い!重要なのは熱中症と同じく水分補給&「ACT-FAST」

脳梗塞は冬に多いイメージですが、脳梗塞は夏に一番多いことがわかってきました(2015年 脳卒中データバンク) 特に今夏のように猛暑が続いていると、気温が上がり、血管が拡張しているところに、発汗し脱水状態になると、脳梗塞が起こりやすくなります。ですから、熱中症の予防と同…続きを読む

脳梗塞は「夏」に最も多い!重要なのは熱中症と同じく水分補給&「ACT-FAST」
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子