「病気」の記事一覧

少量の酒は下戸よりも長生き? 健康的な適量は、缶ビールで週に1~3杯

飲酒量はどの程度であれば健康に有益なのか――。この問題を検証した最新研究の結果が『PLOS Medicine』(6月19日オンライン版)に発表された。 この研究では、「週に1~3杯程度の少量飲酒者」は「まったく飲酒しない人」と比べて長生きする傾向はあるが、ある種のがんに…続きを読む

少量の酒は下戸よりも長生き? 健康的な適量は、缶ビールで週に1~3杯

座りすぎで死亡リスクが上昇する「14の病気」が判明! 2分間立つだけでも改善?

座って過ごす時間が1日当たり6時間以上の人では、3時間未満の人と比べて早期死亡リスクが19%高い――。 そんな研究結果が、『American Journal of Epidemiology』(6月26日オンライン版)に発表された。米国がん協会(ACS)のAlpa Pat…続きを読む

座りすぎで死亡リスクが上昇する「14の病気」が判明! 2分間立つだけでも改善?

認知症は「50歳で血圧高め」でリスク上昇! 健康寿命の明暗は「中年期に正常な血圧」

50歳の時点で「収縮期血圧(SBP)値が130mmHg以上」だった人は、血圧が低かった人と比べ、後に認知症を発症するリスクが高い可能性がある――そんな新たな研究が示された。 論文の筆頭著者で国立保健医学研究所(フランス)のJessica Abell氏は「正常高値血圧(S…続きを読む

認知症は「50歳で血圧高め」でリスク上昇! 健康寿命の明暗は「中年期に正常な血圧」
幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行