「病気」の記事一覧

インフルエンザの家庭内感染を防げ! 秘策は「アルコール除菌」でウイルスを99.9%除去

仕事納めに向け、また年末年始の準備で忙しい年の瀬。忙しさにかまけて健康管理を怠っていると、普段健康に自信のある人でも感染症にかかってしまうことがある。 特に気をつけたいのが12月後半から感染者数が増えるインフルエンザだ。厚生労働省では、12月1日に「すでに流行入りしてい…続きを読む

インフルエンザの家庭内感染を防げ! 秘策は「アルコール除菌」でウイルスを99.9%除去

都市の緑化で「喘息」の入院率が低下!「樹木の多さ」が大気汚染防止に絶大な効果を発揮

英エクセター大学医学部のIan Alcock氏らの研究チームは、「大気汚染が悪い都市部でも樹木が多い地域ならば、喘息で入院するリスクは低下する」とする研究論文を『Environment International』12月号に発表した。 発表によれば、Alcock氏らは1…続きを読む

都市の緑化で「喘息」の入院率が低下!「樹木の多さ」が大気汚染防止に絶大な効果を発揮

「インフルエンザ予防接種を毎年受けると効果が低くなる」という俗説を信じるな!

インフルエンザワクチンの不足騒ぎが起きている今年(2017年)、厚生労働省は10月に、13歳以上の任意接種については接種回数を原則1回とすることを徹底し、2回接種を控え効率的に使うよう異例の通達を出した。 接種は1回でも2回でも変わらないのか? あるいは毎年、本当に接種…続きを読む

「インフルエンザ予防接種を毎年受けると効果が低くなる」という俗説を信じるな!
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛