声優・水谷優子さん没後1年 乳がんで急逝する直前まで『ちびまる子ちゃん』のアフレコに

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ちびまるこちゃん』声優・水谷優子さん〜没後1年、「乳がん」との闘いの画像1

『ちびまるこちゃん』の「お姉ちゃん」水谷優子さんが乳がんで逝去して1年(画像は同番組のHPより

 その急逝の報に触れてから、早くも1年が過ぎようとしている。

 アニメファンや声優通でなければ、画面クレジットの「水谷優子」を目にしても、ご本人の顔や「ケロリン」という愛称を知る人はどれだけいただろうか。

 しかし、それでも、『ちびまるこちゃん』(フジテレビ系アニメ)の「お姉ちゃん(さくらさきこ)の声優さんが亡くなった」という訃報には、あのくりくり目の笑顔が、クールなのに優しいあの声が、反射的に脳裏をかすめたような気がする。

 「大瀧(詠一)さんは『作品が残ればいい。理想とする形は詠み人知らず』だったのです」

 これは生前、大瀧さんと親交の深かった音楽評論家・萩原健太さんの言葉だ(大瀧さんは同番組のオープニング曲「うれしい予感」の作曲者でもある。作詞:さくらももこ、歌:渡辺満里奈)。どこか、声優という職業の矜持を代弁しているように思えなくもない。

 だから故人の名前は知らずとも、「ディズニーのミニーマウスも彼女の声」「『エースをねらえ!2』の岡ひろみや『ブラックジャック』のピノコも」という注釈で、水谷優子の何たるかを受け止めた方々がいたとしても、それは声優冥利というものだろう。

 水谷優子さん、享年51。1964年11月4日生まれ、愛知県海部出身の声優・女優・ナレーター・歌手。

 85年、『機動戦士Zガンダム』の飛行場アナウンサー役で声優デビュー。90年1月7日OAの『ちびまるこちゃん』の初回から四半世紀以上、まるこのお姉ちゃん役として活躍し、彼女の代表作として人々の記憶に刻まれた。

ぎりぎりまで仕事して去った声優魂

 その水谷さんの急逝が報じられたのが今から1年前の5月中旬(2017年5月17日没)。死因は「乳がん」だった。水谷さんは2014年に乳がんの摘出手術を受けていたが、それから2年後、病魔に倒された。

 最期の5月、水谷さんは「仕事をぎりぎりまでやること」を条件に入院を承諾したという。友人にも仕事場でも病名を明かさず、彼女が限界ぎりぎりの最終仕事として臨んだのが、4月22日アフレコの『お姉ちゃんと写生大会に行く』『友蔵、まる子を叱りたい』の2本分だった。

 12歳年下で愛妻に先立たれた、夫の西久保瑞穂さん(アニメーション作家)によれば、

 「『仕事に行きたい』が最期の言葉になってしまいました。(略)逆に言うと、亡くなる2週間前まで仕事をしていたわけですからね。僕なんかより全速力で突っ走って……、本人としては満足しているのではないでしょうか」(『女性自身』の取材に応えて)

 水谷さんを知る多くの人々が「可愛らしい(癒し)声」とは「裏腹」の「内面はとても熱い人だった」という人柄を異口同音で述懐している。役柄に入り過ぎるあまり、アフレコ中につい体を動かしてしまってはNGを連発。ゆえに「アクション声優」の異名で呼ばれていたそうだ。

 前出の瑞穂さんとの出逢いも、彼の監督作品『赤い光弾ジリオン』や『天空戦記シュラト』の声優を担当したのが縁というから、短くも濃密な声優人生だったと言えるだろう。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆