認知症は予防できない? 「長生きの証」というポジティブな考えもある

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
認知症の予防は不可能? 2025年には65歳以上の5人に1人が認知症の時代にの画像1

認知症の高齢者は2012年で462万人、65歳以上の約7人に1人(depositphotos.com)

 「高齢化率」という言葉がある。これは「総人口に占める65歳以上の割合」のことで、平成28年の時点で日本の高齢化率は27.3%(65歳以上の人口は3459万人)。もちろん世界一だ(平成29年版高齢社会白書・内閣府)。

 高齢者が増えるということは、認知症の人も増えることは必然だ。認知症高齢者数は2012年で462万人となり、65歳以上の高齢者の約7人に1人が認知症であったが、認知症患者は今も増え続け、2025年には高齢者の5人に1人になると推計される。

 認知症は決して他人事ではない。現在でも、親戚のお婆さん、あるいは上司の親など、あなたの身近でも認知症の人や、認知症の人を介護している人がいるのではないだろうか。自分の親も、いつか認知症を患う時が来るかもしれない。いや、自分だって早めに発症する可能性がないとは言い切れないのだ。

 「認知症になったらおしまいだ」と漠然と考える人は多数派だろう。そんな考えに一石を投じる書籍が先ごろ刊行された。

認知症は予防できない?

 

 認知症専門医で、認知症病棟で看取りまで行う宮本礼子氏と、認知症グループホームを運営する武田純子氏の共著の書籍『認知症を堂々と生きる 終末期医療・介護の現場から』(中央公論新社)は、これまでマイナスイメージしか報じられていない認知症を「長生きの証」と肯定する、目からウロコが落ちる一冊だ。

 なぜ認知症がこれほどまでに恐れられているのか? それは、認知症について正しい知識を持っていないからだろう。

 本書1章では、認知症の進行過程や症状を段階ごとに記載するとともに、4つのタイプの認知症について詳しく解説。さらに、認知症の予防は現段階では難しいこと、抗認知症薬には限界があることなどが書かれている。

 つまり「頑張って予防に励めば認知症にならない」という考えは、幻想だったのだ。

 2章では、認知症の人を介護する家族に対し、13のヒントを掲載。認知症の人を持つ家族は、元気だった頃とつい比べてしまい、日々の介護の中でがっかりした気分を味わうシーンが多いもの。

 しかし、心の持ちようや接し方を変えることで、認知症の本人も、介護者も、幸せな日常を取り戻すことができるようになる。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆