「病気」の記事一覧

「湯たんぽ療法」で原因不明の痛みや自律神経失調症を改善

「『気のせい』や『心の問題』の痛みなんて存在しませんよ」――。 そう断言するのは、青山・まだらめクリニック院長の班目健夫医師だ。この言葉で、気持ちが救われた患者さんも多いのではないだろうか。「痛みについて医師は知識が足りないし、検査も不十分」 痛みというものは、…続きを読む

「湯たんぽ療法」で原因不明の痛みや自律神経失調症を改善

「いびき」は<病気のサイン>! 『スター・ウォーズ』レイア姫の死因にも

「高鼾をかく」とは、ぐっすりと眠ることをいう。 しかし実際は、いびきをかいて寝ていると、ぐっすりとは眠れておらず、体によくないことが多い。特に、断続的にいびきを激しくかき、昼間は強い眠気に襲われる睡眠時無呼吸症候群は、注意が必要だ。『スター・ウォーズ』レイア姫の死因…続きを読む

「いびき」は<病気のサイン>! 『スター・ウォーズ』レイア姫の死因にも

近藤誠氏「ワクチン副作用の恐怖」は真に妥当性のある意見なのか?~批評(1)

近藤誠氏の「ワクチン副作用の恐怖」(文藝春秋、以下「恐怖」と略す)を読みました。 放射線医学が専門である近藤氏がワクチンを論ずるのはこれが初めてではありません。これまでも何度もワクチンの問題を取り扱っています。例えば、近藤氏は2001年に「インフルエンザワクチンを疑え」…続きを読む

近藤誠氏「ワクチン副作用の恐怖」は真に妥当性のある意見なのか?~批評(1)
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆