「病気」の記事一覧

人間とパンダの食の進化は真逆? 本来は「食べていなかった」ものが主食になった

しばしば耳にする話で、「日本人はずっとおコメを食べて来た農耕民族なんだから、毎日三回ちゃんとご飯を食べないと体を壊します」というのがありますよね。ずっと以前から、そのような主張をする方々が繰り返し現れますが、彼らがその主張の科学的な根拠を示すことはありません。 日本人は…続きを読む

人間とパンダの食の進化は真逆? 本来は「食べていなかった」ものが主食になった

<9つの対策>があなたの「認知症」を防ぐ~教育・肥満・難聴・喫煙などで35%予防可能

超高齢社会となった日本で、大きな課題となっているのが認知症患者の急増だ。2025年には高齢者の5人に1人、700万人を超える人が認知症を患うと推計されている。 これは世界的な問題でもある――。最新の推計によると、全世界の2015年の認知症患者数は約4700万人。低・中所…続きを読む

<9つの対策>があなたの「認知症」を防ぐ~教育・肥満・難聴・喫煙などで35%予防可能

壊れた静脈を「接着剤」でふさぐ!?「下肢静脈瘤」の治療は「より体に優しい」新時代へ

体への負担が非常に少なく、治療時間も短い次世代の治療法が注目を浴びつつある。それが「グルー治療」だ。血管内にカテーテルを挿入して、医療用の瞬間接着剤を注入して患部の静脈をふさぐ。これまでの「下肢静脈瘤」の治療概念を大きく塗り替える可能性があるグルー治療とは、いったいどのよう…続きを読む

壊れた静脈を「接着剤」でふさぐ!?「下肢静脈瘤」の治療は「より体に優しい」新時代へ
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志