「病気」の記事一覧

出生率アップの裏で「心の病」に苦しむ妊産婦が4万人〜東京23区で10年間に自殺63人!

安倍政権が掲げる「人口1億人」は維持できるのか? 1人の女性が生涯に産むと見込まれる子どもの数(=合計特殊出生率)が、2015年は2年ぶりに増えた。微増ではあるものの、少子高齢傾向下の朗報には違いない。 5月23日に厚生労働省が発表した「人口動態統計」によれば、9年ぶり…続きを読む

出生率アップの裏で「心の病」に苦しむ妊産婦が4万人〜東京23区で10年間に自殺63人!

繰り返し見る夢は深層心理の警告! 脳科学が「夢は何でできているか?」を究明する日

いったい夢とは何からできているのか? 繰り返して夢を見るのは、何らかの意味があるのか? 最新の研究報告を紹介する。 「人間50年下天の内をくらぶれば夢幻の如くなり。ひとたび生を享け滅せぬもののあるべきか」(人間世界は一瞬の夢のようなもの。命あるものはすべて空しく滅びてし…続きを読む

繰り返し見る夢は深層心理の警告! 脳科学が「夢は何でできているか?」を究明する日

増加する「不登校」は約12万人~根が深い「起きられない」という病気

学校へ行かない不登校の子どもたちが全国で増え続けている——。 文部科学省のデータ(2014年)によれば、小中学生1012万736人のうち不登校は12万2902人(継続5万7095人、新規6万5807人)。小中学生に占める不登校の割合は1.2%。1日当たり180人が不登校…続きを読む

増加する「不登校」は約12万人~根が深い「起きられない」という病気
眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

福岡記念病院救急科部長。一般社団法人・福岡博多ト…

河野寛幸