「病気」の記事一覧

双極性障害や発達障害が疑われる人の「うつ病休職」〜 復職のためのポイントは?

うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。 いま、うつ病やうつ病休職をめぐる最新事情はどうなっているのか? 日本でうつ病のリワークを進めるプログラム…続きを読む

双極性障害や発達障害が疑われる人の「うつ病休職」〜 復職のためのポイントは?

米国10代の糖尿病有病率、これまでの予測を大幅に上回る。日本での若年性糖尿病の現状は?

米国の10代の若年者における糖尿病または糖尿病前症の有病率は、これまでの予測を大幅に上回っており、その多くは自分が糖尿病であることに気づいていないことが、「Journal of the American Medical Association(JAMA)」7月19日号に掲載…続きを読む

米国10代の糖尿病有病率、これまでの予測を大幅に上回る。日本での若年性糖尿病の現状は?

がんサバイバー・鳥越俊太郎さん、都知事をめざす~がん患者への偏見が変わるとき

出馬表明会見の席上、その候補者へは、記者陣から当然の質問が飛んだ。「健康面は大丈夫なのか」「都知事という激務に耐えられるのか」――。 齢76歳の鳥越俊太郎氏は、こう応じた。 「そう思われるのも当然ですね。僕は大腸がんから始まって、肺、肝臓と4回も手術し、大腸がんはス…続きを読む

がんサバイバー・鳥越俊太郎さん、都知事をめざす~がん患者への偏見が変わるとき
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子