「病気」の記事一覧

西城秀樹さんが怠った水分補給の大事~脳梗塞は夜間~早朝、夏と冬に多い

2度の「脳梗塞」に見舞われながらも過酷なリハビリを粘り強く行ない、還暦を超えても歌手活動を諦なかったものの、今年(2018年)5月16日に急逝した西城秀樹さん(享年63)。最期は「急性心不全」に倒れ、63年の短くも早すぎる生涯を閉じた。 急逝の遠因となったのが、脳梗塞で…続きを読む

西城秀樹さんが怠った水分補給の大事~脳梗塞は夜間~早朝、夏と冬に多い

制御不能のスーパー淋菌!? 薬が効かない「悪魔の耐性菌」 毎年2万人以上が米国で死亡

ここ数年、抗菌薬(抗生物質)が効かない「薬剤耐性菌」に対する危機感が世界で最高レベルに強まっている。2016年9月に開催された国連総会では「世界にとって最も大きく、最も切迫したリスク」と宣言された――。 そして今年1月には、ある英国人男性が、史上最悪の「スーパー淋菌」に…続きを読む

制御不能のスーパー淋菌!? 薬が効かない「悪魔の耐性菌」 毎年2万人以上が米国で死亡

離婚や家族の死などストレスフルなライフイベントで脳が4カ月老化することが判明

不意に背中を叩かれて驚かされた時に「止めてよ、心臓に悪いから」とか、出会い頭の正面衝突を回避した際に「命が縮まるかと思った……」なんて言い方は昔からある。 そしてヒトは、長い人生の途上で「思わぬ悲報」に接すると、どうやら「脳の老化」が速まるようだ――。そんな知見が『Ne…続きを読む

離婚や家族の死などストレスフルなライフイベントで脳が4カ月老化することが判明
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆