「病気」の記事一覧

【閲覧注意】巨大血腫で脳が変形~脳出血が起きると脳はこうなる

「高血圧性脳出血」は「脳卒中」全体の15%を占める。高血圧による「脳動脈穿通枝(細い脳内枝)」の血管壊死と、それで生じた小動脈瘤の破裂が原因となる。 減塩(=食事指導)や高血圧治療によって減少傾向にはあるものの、「高血圧」はいまだ関心の薄い人が多い。近年は高齢者ばかりで…続きを読む

【閲覧注意】巨大血腫で脳が変形~脳出血が起きると脳はこうなる

カルシウムなどのサプリに骨折予防の効果ナシ!? 副作用で結石の可能性も……

「いつの間にか骨折」という言葉を聴いたことがあるだろうか? 知らぬ間に骨折をしていることを指すが、その原因は「骨のもろさ」が原因。いわゆる「骨粗鬆症」である。 骨粗鬆症は高齢者、なかでも「閉経後の女性」に多いとされている。しかし最近では高齢者だけでなく、「若い人の骨がも…続きを読む

カルシウムなどのサプリに骨折予防の効果ナシ!? 副作用で結石の可能性も……

明治天皇の死因は尿毒症?糖尿病?「替え玉説」も 真相は宮内庁の機密文書に

明治天皇の死因や実像をたぐると、深い密林に踏み惑う探検家さながらに「未知」と「暗闇」が待ち受ける――。 古来、天皇の死を「崩御」「薨去(こうきょ)」と言い習わす。異様なまでに極秘や憶測に塗れた明治天皇の死。その死因は、尿毒症、糖尿病、梅毒などと伝わる。頑なに口を噤んだ「…続きを読む

明治天皇の死因は尿毒症?糖尿病?「替え玉説」も 真相は宮内庁の機密文書に
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真