「病気」の記事一覧

女優の星由里子さん、肺がんで死去。享年74 肺がんで急死の原因は?

西城秀樹さんの急死を追うかのような悲報だ。女優の星由里子さん(本名:清水由里子)は、5月16日午後11時5分に「心房細動及び肺がん」のため京都市内の病院で死去した。享年74。 星さんは、これまで2度の心臓の手術を受けている。4月5日が2度目の手術だったが、手術前の検…続きを読む

女優の星由里子さん、肺がんで死去。享年74 肺がんで急死の原因は?

「片頭痛」を予防する最新装置の効果は? 磁気で脳の興奮を抑制 米食品医薬品局(FDA)も承認

米メイヨークリニック神経学のAmaal Starling氏らの研究チームは、患者が自宅で使用できる携帯型の単一パルス経頭蓋磁気刺激(sTMS)装置「SpringTMS」が片頭痛の予防に有効であるとする研究結果を『Cephalalgia』3月4日オンライン版に発表した。 …続きを読む

「片頭痛」を予防する最新装置の効果は? 磁気で脳の興奮を抑制 米食品医薬品局(FDA)も承認

海外渡航が増えるGWに「麻疹(はしか)」が広がる恐れ!「風疹」「おたふく風邪」にも注意!

沖縄県で3月20日、台湾の男性旅行者が「麻疹(はしか)」と診断された。この男性は、訪日前に旅行したタイで感染。4月20日現在、感染患者は、この男性と接触した人、その家族、同僚など67人にのぼっている――。 海外へ渡航する人、そして、海外からの帰国者や訪日客が急増するゴー…続きを読む

海外渡航が増えるGWに「麻疹(はしか)」が広がる恐れ!「風疹」「おたふく風邪」にも注意!
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆