「病気」の記事一覧

摂食障害からマラソン元日本代表が万引き!? 窃盗症(クレプトマニア)の引き金とは?

万引きを繰り返し、挙げ句の果てに刑務所へと収監される若い女性たち。その背後には「摂食障害」という病があった――。 4月16日の北海道新聞(電子版)によると、「拒食」や「過食」を繰り返す摂食障害の女性受刑者数が増加しており、その数は昨年7月の時点で全国14施設に199人、…続きを読む

摂食障害からマラソン元日本代表が万引き!?  窃盗症(クレプトマニア)の引き金とは?

血流が停止する「ゴースト血管」の恐怖!アルツハイマー病患者の脳の毛細血管は約29%も少ない!

4月1日(日)午後9時からNHKスペシャル「ゴースト血管が危ない~美と長寿のカギ 毛細血管~」が放送された。番組を観て衝撃を受けた人がいたかもしれない。万病の元と言われる「ゴースト血管」(Ghost vessels)とは何だろう? 動脈から静脈をつなぐ毛細血管の一部が消…続きを読む

血流が停止する「ゴースト血管」の恐怖!アルツハイマー病患者の脳の毛細血管は約29%も少ない!

検事まで……痴漢盗撮は衝動か依存症か? 「民泊」で新手の犯行も

「巡査長が女子大生を盗撮か」「元新聞社支社長が電車内で盗撮か」「僧侶がトイレにカメラで女性盗撮」「マジメ教師が少女20人盗撮」……。連日報じられる「盗撮事件の報」を見ると、その容疑者像は、実にさまざまだ。 ゴキブリならぬ「盗撮ホイホイ」とでも名付けたくなるほど、盗撮事件…続きを読む

検事まで……痴漢盗撮は衝動か依存症か? 「民泊」で新手の犯行も
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇