「病気」の記事一覧

ホルモンの極端な変化から生まれる産後うつ 前向きな子育てができるために不可欠なケアをどうする?

産後女性の支援、いわゆる「産後ケア」は喫緊の課題となっている。 7月14日、文京学院大学(東京都文京区)で、「今、求められる産後ケアの必要性」と題するセミナーが開催され、市川香織・同大学保健医療技術学部准教授(一般社団法人産前産後ケア推進協会代表)が講演を行った。〝…続きを読む

ホルモンの極端な変化から生まれる産後うつ 前向きな子育てができるために不可欠なケアをどうする?

“寝すぎ”や”寝不足”の男子は糖尿病予備軍に! 現代人の睡眠障害が糖尿病増加に関連か?

男性として生まれた以上、寝すぎる傾向にある人も、逆にふだんから寝不足気味である人も「糖尿病リスク」を高める可能性がある――。 ところが、女性に関しては同様の傾向がみられない。そんな睡眠障害上の性差が、欧州の最新の研究で明らかにされた。 「たとえ現在は健康な人でも、…続きを読む

“寝すぎ”や”寝不足”の男子は糖尿病予備軍に! 現代人の睡眠障害が糖尿病増加に関連か?

学校側に賠償命令! 部活中に熱中症による脳梗塞で後遺症〜学校・職場・家庭での熱中症対策は?

2010年8月30日。早朝から灼熱の日ざしが眩しい。汗が吹き出る。大阪府東大阪市立中学1年のA子さん(当時13歳)はバドミントン部。午前11時10分に体育館に入り、入念にウォーミングアップした後、いつも通りの練習をこなした。かなり汗をかいた。 午後1時過ぎ、練習試合が始…続きを読む

学校側に賠償命令!  部活中に熱中症による脳梗塞で後遺症〜学校・職場・家庭での熱中症対策は?
眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

福岡記念病院救急科部長。一般社団法人・福岡博多ト…

河野寛幸