免疫細胞の遺伝子を変えるがん免疫療法、米国で初承認! がん治療の歴史が変わる?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免疫細胞の遺伝子を改変するがん免疫療法、米国で初承認へ。一大ブレークスルーが起きるか!の画像1

免疫細胞の遺伝子を変えてがん治療(depositphotos.com)

 7月12日、FDA(米食品医薬品局)の諮問委員会は、ノバルティス社とペンシルベニア大学が共同開発し、米国初となる遺伝子治療の生物製剤の承認を満場一致で勧告した。

 この生物製剤は、B細胞性急性リンパ性白血病(ALL)に対するがん免疫療法であるキメラ抗原受容体遺伝子改変T細胞(CAR-T)療法で活用される「CTL019」と呼ばれる。

 近々、FDAが勧告を承認すれば、遺伝子治療の新たな地平が大きく開かれ、がん免疫療法に一大ブレークスルーや画期的なパラダイムが起きる可能性が高い。

 時間の針は少し遡る。今回のCAR-T 細胞を用いた初の国際共同治験である第II相試験の結果、CAR-T 細胞を輸注した患者の 82%(50名中41名)が、「CTL019」 輸注の3カ月後に、完全寛解または血球の完全な回復を伴わない完全寛解を達成した。

 この成果を受けて、4月 12日、ノバルティス社は、CAR-T療法の生物製剤「CTL019」の承認をFDAに申請。FDAは、「CTL019」を優先審査品目に指定したため、審査期間の短縮が図られ、スムーズに勧告に至った。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆