がんサバイバーのがん体験<再生の物語>~「生きる力」に飛躍させた作品たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 がんは1981年以降、現在にいたるまで、日本人の死因第1位であると同時に、日本人の2人に1人は一生のうちにがんに罹ると言われている。

 がんへの罹患は、死の恐怖と隣り合わせである。もし、がんに罹患したときにどのような心構えをするべきか、健康なときから考えておく必要もあるといえそうだ。

 だが同時に、がんは恐ろしい病気ではあるが、がんと共に生き、がんを克服することで第2の人生を歩き始める人も大勢いる。

がんになっても自分らしく生きられる社会の実現を目指して

 7月10日に行われた「第7回リリー・オンコロジー・オン・キャンバス がんと生きる、わたしの物語。~絵画・写真・絵手紙コンテスト授賞式~」は、そんながんとの向き合い方について示唆を与えてくれるイベントだった。

 リリー・オンコロジー・キャンバスは、がんと診断された患者およびその家族、友人を対象としたコンテストで、がんになっても自分らしく生きられる社会の実現を目指すべく、製薬会社の日本イーライリリーが2010年に創設した。

 7回目となる今回は、従来の絵画部門、写真部門に加え、絵手紙部門も新設。7名の受賞者がこの日集まり、賞を受け取った。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子