がんサバイバーのがん体験<再生の物語>~「生きる力」に飛躍させた作品たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 がんは1981年以降、現在にいたるまで、日本人の死因第1位であると同時に、日本人の2人に1人は一生のうちにがんに罹ると言われている。

 がんへの罹患は、死の恐怖と隣り合わせである。もし、がんに罹患したときにどのような心構えをするべきか、健康なときから考えておく必要もあるといえそうだ。

 だが同時に、がんは恐ろしい病気ではあるが、がんと共に生き、がんを克服することで第2の人生を歩き始める人も大勢いる。

がんになっても自分らしく生きられる社会の実現を目指して

 7月10日に行われた「第7回リリー・オンコロジー・オン・キャンバス がんと生きる、わたしの物語。~絵画・写真・絵手紙コンテスト授賞式~」は、そんながんとの向き合い方について示唆を与えてくれるイベントだった。

 リリー・オンコロジー・キャンバスは、がんと診断された患者およびその家族、友人を対象としたコンテストで、がんになっても自分らしく生きられる社会の実現を目指すべく、製薬会社の日本イーライリリーが2010年に創設した。

 7回目となる今回は、従来の絵画部門、写真部門に加え、絵手紙部門も新設。7名の受賞者がこの日集まり、賞を受け取った。

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆