FDAが「がんは慢性疾患」と宣言!? がん免疫療法が長期生存もたらす未来がそこに……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10051984.jpg

がん免疫療法が人類に勝利をもたらす!?(depositphotos.com)

 近年、がん免疫療法への関心が高い。なかでも、効果が明らかな「免疫チェックポイント阻害薬」(オプジーボ、キイトルーダなど)がその注目を集めている。

 そのような中、7月27~29日に『第15回日本臨床腫瘍学術集会』が開催された。がん治療の最新知見が集まるこの学会に参加した、昭和大学臨床免疫腫瘍学講座の角田卓也教授は次のように語る。

 「がん免疫療法、特に免疫チェックポイント阻害剤への理解が浸透してきていると感じました。最初の保険適用から2年、がん治療の分野に大きなインパクトを与えているのは間違いありません」

 「劇的な効果をもたらす症例も経験し、従来の抗がん剤と違う特有の副作用に戸惑っていた腫瘍内科医も慣れてきた印象をもちました。免疫チェックポイント阻害剤のもつ<真の有用性>の報告が待たれます」

 30年以上、がん免疫療法を研究してきた角田教授は、「がん治療のパラダイムシフトが始まっています。<死に至る病>だったがんが、糖尿病や高血圧のような慢性疾患になるのです」と断言する。

 一方で、「どのような患者さんに有用なのか――という決め手には欠けており、今後の研究に期待したい」という。

ほかの薬剤との併用でさらに大きな効果が

 免疫チェックポイント阻害剤の臨床効果をさらにアップする試みは、すでにスタートしている。ほかの薬剤との併用療法の臨床試験も始まっている。今後はその成果に期待が寄せられているのだ。

 「米国で進行中の臨床試験の報告では、頭頚部がんにおいて、免疫チェックポイント阻害剤だけでは奏効率20%程度が、IDO阻害剤(腫瘍局所の免疫抑制状態を改善する酵素阻害剤)との併用で40%まで上昇していることが紹介されました」

 免疫チェックポイント阻害剤は、今年9月には胃がんにも保険適用される可能性が高い。今や免疫療法抜きでは、がん治療を語ることができなくなっている。角田教授は、長期生存を達成できるがん免疫療法はがん患者の大きな福音だという。

 「がん免疫療法は、世界で800以上の臨床試験が進められている。私たち医療従事者は、患者さんのために常に新しい情報、知識を収集していく必要がある」

會田昭一郎(あいだ・しょういちろう)

市民のためのがん治療の会代表。舌がん治療による体験から最適な治療の選択の重要性に気がつき、2004年、「市民のためのがん治療の会」を設立。セカンドオピニオンの斡旋や、がん治療に関する普及啓発活動、医療環境整備の政策提言などを行っている。2012年、標準治療に行き詰まった患者のために「一般社団法人市民のためのがんペプチドワクチンの会」も設立。がんペプチドワクチン療法の啓蒙活動・情報発信、研究支援のための寄付活動などを行っている。

市民のためのがん治療の会 http://www.com-info.org/
一般社団法人 市民のためのがんペプチドワクチンの会 http://www.ccpvc.org/

會田昭一郎の記事一覧

會田昭一郎
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔