シリーズ「AIと医療イノベーション」第16回

「人工知能(AI)」が内視鏡検査に革命! 大腸がん・大腸腫瘍性ポリープの発見率が98%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「人工知能(AI)」が内視鏡検査に革命! 大腸がん・大腸腫瘍性ポリープの発見率が98%の画像1

「人工知能(AI)」による内視鏡が98%もの大腸がんや大腸腫瘍性ポリープを発見(depositphotos.com)

 国立がん研究センターと日本電気(NEC)は、「大腸がん」や前がん病変である「大腸腫瘍性ポリープ」を内視鏡検査時にリアルタイムに発見する人工知能(AI)を用いた内視鏡診断サポートシステムの開発に成功した(「CBnews」2017年7月10日)。

 大腸腫瘍性ポリープは、大腸がんの前がん病変であるため、内視鏡検査時に発見・摘除すれば、大腸がんへの進行を抑制できる。だが、ポリープのサイズが小さく、形状が認識しにくければ、内視鏡医が見逃す場合が少なくない。

 だが、この内視鏡診断サポートシステムなら、大腸の内視鏡検査時に撮影されるMRI画像によって、大腸がんや大腸腫瘍性ポリープをリアルタイムで自動検知し、内視鏡医の病変発見をサポートできる。

 国立がん中央病院内視鏡科による所見が付けられた約5000例の内視鏡画像をNECのAI技術に学習させ、新たな内視鏡画像を解析したところ、がん発見率は98%だった。

 また、画像強調内視鏡などの新しい内視鏡を利用し、大腸ポリープの表面の微細構造をAIに学習させれば、大腸ポリープの質的診断や大腸がんのリンパ節転移の予測も可能になる。

 今後、国立がん中央病院内視鏡科に蓄積されている1600例以上の肉眼では認識が困難な平坦・陥凹性病変をAIに学習させつつ、システムの精度を上げれば、日本から世界市場への実用化も夢ではない。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇