がん免疫療法が常識を変える! 数年後に「がんで死なない時代」が到来する?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
がん免疫療法が常識を変える! 数年後に「がんで死なない時代」が到来する?の画像1

現在、世界では800以上の、がん免疫療法の臨床試験が進行しているという(depositphotos.com)

 「今、がんは、糖尿病や高血圧と同じ、単なる生活習慣病、慢性疾患となりつつあると言っていい」――。

 俄かには信じがたい話だが、昭和大学臨床免疫腫瘍学講座教授の角田卓也氏は、今年1月に上梓した『進行がんを克服する 希望の「がん免疫療法」』(発売:幻冬舎)の中で、そう大胆に断言する。

 その根拠となるのが「がん免疫療法」だ。角田教授は、この研究と臨床に30年以上にわたって携わり続けてきた第一人者。がん免疫療法とは何か? ごく簡単にいえば「誰もが備えている自らの体内の免疫機能で、がん細胞を死に至らしめる治療法」である。

 従来の免疫療法は「免疫力を高めることで、がん細胞に対抗しよう」というものだった。しかしこれは、いわば「正面攻撃」のようなもの。狡猾ながん細胞は、この攻撃を巧みに回避する手段を様々に講じる。

 そこで考えられたのが、がん細胞の防御機能をまず排除して、免疫細胞がきちんと働くようにする「がん免疫療法」だ。

 いま脚光を浴びている「免疫チェックポイント阻害剤」を用いた免疫療法などが、それの実例だ。2014年7月には、この療法のための薬剤が世界に先駆けて日本で承認され、免疫療法の未来が大きく広がったという。

がん免疫療法で「完治」が可能に?

 がんには「標準治療」と言われる「三大治療法」がある。「手術」「放射線」「抗がん剤」だ。しかし「ごく初期のがん」を、手術で取り除けた場合を別にすれば、三大治療法には常に「再発」と「転移」という恐怖がつきまとう。

 角田教授は「これらの療法だけでがんを十分に克服できていないことは、5年生存率の低さを見れば一目瞭然。そのため、これまでがんは『不治の病』『死に至る病』と言われてきた」と指摘する。

 ところが、「がん免疫療法」を行えば、3年後に生き続けている人は、5年後も10年後も生き続ける可能性が高いことが、集積されつつあるデータからわかってきたという。つまり、がん免疫療法は「完治」が可能となる療法なのだ。

 角田教授は、前著『進行がんは「免疫」で治す 世界が認めた がん治療』(幻冬舎)』でがん免疫療法の現状(昨年3月)に触れ、たとえ進行がんでも免疫療法で長期生存できるようになってきた、「カンガルーテール現象」が見られていることを紹介。

 本書は、その内容をさらにわかりやすく説明し、その後判明した新たな知見を加えたものだ。

 角田教授によれば、今まさにどのような治療法で、がんと闘おうか迷っている人、あるいはその家族、身近にがん患者がいて悩んでいる人、そして、将来に備えて知識をつけておきたい人などのために、できるだけわかりやすく書いたとのこと。

 具体的には、どのようなことが説明されているのか? 興味深いその内容は以下の通りだ。

●そもそも免疫療法とはどのような治療法なのか?

●がん免疫療法はどのがんに有効なのか?

●どのがん免疫療法なら保険がきくのか?

●治療費はどれくらいかかるのか?

●数多くある免疫療法のどれがいいのか?

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆