シリーズ「これが病気の正体!」第10回

【閲覧注意】しこりから異臭が…… 皮膚にできた「扁平上皮がん」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【閲覧注意】扁平上皮がん〜「類表皮がん」とも呼ばれる皮膚に生じる代表的ながんの一種の画像1

扁平上皮がん

 皮膚にできる「扁平上皮がん」は、「有棘細胞がん」や「類表皮がん」とも呼ばれる。基底細胞がんや悪性黒色腫(メラノーマ)と並んで、皮膚に生じる代表的な悪性腫瘍(がん)である。

 発がんの要因には、紫外線をはじめ、放射線、慢性ヒ素中毒、石炭由来のタール、やけどの瘢痕、ヒト乳頭腫ウイルス(イボウイルス)などがあげられる。

 「日光角化症」と呼ばれる<前がん病変>からの発がんが多い。日光角化症はその名の通り、日光露出部(頭部/顔面/手背など)に発生する高齢者の疾患だ。

 紫外線に長くさらされると生じるが、紫外線に弱い白人の皮膚にとくに多発し、黒人には少ない。高齢化に伴って、日本人にも増加している。

 一方で、日光(紫外線)とは関係なく、健常な皮膚にできることもある。ヤケドやケガが治った後の「瘢痕(はんこん)部」にできやすいのも、このがんの特徴だ。

 扁平上皮がんは、顕微鏡的に、正常の表皮細胞によく似た特徴を示す。正常な表皮は、顕微鏡的に重層扁平上皮細胞からなる。最表層で角質層(角化層)をつくり、外部からの刺激を受け止めるとともに、皮膚を保湿する役割を果たす。角質層は短時間で垢(あか)となって剥離してゆく。

 この表皮細胞から発生する扁平上皮がんは、角質形成(角化)が特徴だ。その程度に応じて、角化の強い「高分化型」、角化に乏しい「低分化型」とその中間の「中分化型」に分けられる。

 がんが進行すると、しばしば潰瘍が形成され、細菌の二次感染によって特有の悪臭を放つ。局所浸潤が強い割に、「転移」の頻度は低い。

 治療の第一選択は手術切除だ。放射線感受性が高いため、必要に応じて放射線治療が併用される。化学療法(抗がん剤)としては、塩酸ブレオマイシン(登録商標:プレオ)ないし硫酸ペプロマイシン(登録商標:ぺプレオ)が用いられる。

堤寛(つつみ・ゆたか)

つつみ病理相談所http://pathos223.com/所長。1976年、慶應義塾大学医学部卒、同大学大学院(病理系)修了。東海大学医学部に21年間在籍。2001〜2016年、藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。2017年4月~18年3月、はるひ呼吸器病院・病理診断科病理部長。「患者さんに顔のみえる病理医」をモットーに、病理の立場から積極的に情報を発信。患者会NPO法人ぴあサポートわかば会とともに、がん患者の自立を支援。趣味はオーボエ演奏。著書に『病理医があかす タチのいいがん』(双葉社)、『病院でもらう病気で死ぬな』(角川新書、電子書籍)『父たちの大東亜戦争』(幻冬舎ルネッサンス、電子書籍)、『完全病理学各論(全12巻)』(学際企画)、『患者さんに顔のみえる病理医からのメッセージ』(三恵社)『患者さんに顔のみえる病理医の独り言.メディカルエッセイ集①〜⑥』(三恵社、電子書籍)など。

堤寛の記事一覧

堤寛
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太