バストに不満がある女性ほど「乳がん」セルフチェックをしていない!早期発見が生死を分ける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バストに不満がある女性ほど「乳がん」セルフチェックをしていない!早期発見が生死を分ける!の画像1

バストに不満がある女性ほど「乳がん」のセルフチェックをしていない(depositphotos.com)

 英アングリア・ラスキン大学心理学教授のViren Swami氏らの研究チームは、「バストサイズに不満がある女性」は、自分の乳房にしこりなどの異変がないかどうかを調べる「乳がんセルフチェックを怠りがちだ」という研究成果を『Body Image』誌(1月2日オンライン版)に発表した(「HealthDay News」2018年1月10日)。

 研究チームは「バストサイズへの不満度」と「乳がんセルフチェックの頻度」や「受診行動」との関連性を検討するため、18~76歳の英国人女性384人を対象に回帰分析(データの関係性や傾向の予測)を実施した。

 その結果、384人のうちの31%は「自分のバストが大き過ぎる」ことに、44%は「バストが小さ過ぎる」ことに、それぞれ不満を持っていた。そして、不満を持つ女性の33%が「乳がんセルフチェックをほとんどしない」または「全くしない」と回答した。

 さらに、乳房の異変を気づけば、55%は「すぐに医師を受診する」と回答。10%は「できるだけ受診を遅らせる」あるいは「受診しない」と回答。バストサイズへの不満は、乳がんセルフチェックの頻度の低下や受診の遅れにつながりやすい事実が判明した。 

 Swami氏は「バストサイズに不満がある女性は、羞恥心や屈辱感を呼び覚まされ、身体像(ボディイメージ)が脅かされるため、乳がんセルフチェックを回避しやすい」と説明している。さらに「普段から乳房の状態に注意を払いつつ、乳がんの早期発見を提唱する『Breast Awareness』の考えが広がれば、乳房を審美的な側面からでなく、機能的な側面から見る女性が増えるかもしれない」と期待している。

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志