バストに不満がある女性ほど「乳がん」セルフチェックをしていない!早期発見が生死を分ける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バストに不満がある女性ほど「乳がん」セルフチェックをしていない!早期発見が生死を分ける!の画像1

バストに不満がある女性ほど「乳がん」のセルフチェックをしていない(depositphotos.com)

 英アングリア・ラスキン大学心理学教授のViren Swami氏らの研究チームは、「バストサイズに不満がある女性」は、自分の乳房にしこりなどの異変がないかどうかを調べる「乳がんセルフチェックを怠りがちだ」という研究成果を『Body Image』誌(1月2日オンライン版)に発表した(「HealthDay News」2018年1月10日)。

 研究チームは「バストサイズへの不満度」と「乳がんセルフチェックの頻度」や「受診行動」との関連性を検討するため、18~76歳の英国人女性384人を対象に回帰分析(データの関係性や傾向の予測)を実施した。

 その結果、384人のうちの31%は「自分のバストが大き過ぎる」ことに、44%は「バストが小さ過ぎる」ことに、それぞれ不満を持っていた。そして、不満を持つ女性の33%が「乳がんセルフチェックをほとんどしない」または「全くしない」と回答した。

 さらに、乳房の異変を気づけば、55%は「すぐに医師を受診する」と回答。10%は「できるだけ受診を遅らせる」あるいは「受診しない」と回答。バストサイズへの不満は、乳がんセルフチェックの頻度の低下や受診の遅れにつながりやすい事実が判明した。 

 Swami氏は「バストサイズに不満がある女性は、羞恥心や屈辱感を呼び覚まされ、身体像(ボディイメージ)が脅かされるため、乳がんセルフチェックを回避しやすい」と説明している。さらに「普段から乳房の状態に注意を払いつつ、乳がんの早期発見を提唱する『Breast Awareness』の考えが広がれば、乳房を審美的な側面からでなく、機能的な側面から見る女性が増えるかもしれない」と期待している。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆