バストに不満がある女性ほど「乳がん」セルフチェックをしていない!早期発見が生死を分ける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バストに不満がある女性ほど「乳がん」セルフチェックをしていない!早期発見が生死を分ける!の画像1

バストに不満がある女性ほど「乳がん」のセルフチェックをしていない(depositphotos.com)

 英アングリア・ラスキン大学心理学教授のViren Swami氏らの研究チームは、「バストサイズに不満がある女性」は、自分の乳房にしこりなどの異変がないかどうかを調べる「乳がんセルフチェックを怠りがちだ」という研究成果を『Body Image』誌(1月2日オンライン版)に発表した(「HealthDay News」2018年1月10日)。

 研究チームは「バストサイズへの不満度」と「乳がんセルフチェックの頻度」や「受診行動」との関連性を検討するため、18~76歳の英国人女性384人を対象に回帰分析(データの関係性や傾向の予測)を実施した。

 その結果、384人のうちの31%は「自分のバストが大き過ぎる」ことに、44%は「バストが小さ過ぎる」ことに、それぞれ不満を持っていた。そして、不満を持つ女性の33%が「乳がんセルフチェックをほとんどしない」または「全くしない」と回答した。

 さらに、乳房の異変を気づけば、55%は「すぐに医師を受診する」と回答。10%は「できるだけ受診を遅らせる」あるいは「受診しない」と回答。バストサイズへの不満は、乳がんセルフチェックの頻度の低下や受診の遅れにつながりやすい事実が判明した。 

 Swami氏は「バストサイズに不満がある女性は、羞恥心や屈辱感を呼び覚まされ、身体像(ボディイメージ)が脅かされるため、乳がんセルフチェックを回避しやすい」と説明している。さらに「普段から乳房の状態に注意を払いつつ、乳がんの早期発見を提唱する『Breast Awareness』の考えが広がれば、乳房を審美的な側面からでなく、機能的な側面から見る女性が増えるかもしれない」と期待している。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆