蔓延する危険な「偽ED治療薬」にご用心! 日本のサイトで売買される薬の43.6%が偽造品

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
576352-2.jpg

ネット上には膨大なED治療薬が売られているが……PureRadiancePhoto / Shutterstock.com

 年を取っても勃起できるペニスを持つ!

 これは男にとっての究極の夢。だからこそ、勃起できないことを悩む男性が多かったり、精力剤やED(勃起障害)治療薬が次から次へと開発・発売されたりするわけだ。

 男の夢の実現や悩みの解決に一役買うED治療薬。これらは信用できるのか?

男性機能を改善するサプリメントの有効性と危険性

 ED治療薬についての効果や危険性について一つの分析結果を紹介したい。

 米ウェイクフォレスト・バプティスト医療センター(ノースカロライナ州)泌尿器学准教授のRyan Terlecki氏らは、男性機能を改善するサプリメントのうち、売れている製品の成分を分析した。その結果、製品にはイカリソウ、チョウセンニンジン、DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)、イチョウ、コロハ、マカという、天然由来の成分が含まれていることがわかった。

 「こうした天然由来のサプリメントは、軽度の性機能障害の改善には有望だと思われるが、ヒトにおける根拠は不十分であり、不純物や効果の弱さも懸念されるため、患者にルーチンで勧めることはない」と同氏は結論づけた。さらに、「天然由来」を謳う製品の一部には、ホスホジエステラーゼ-5阻害薬(PDE5I)を微量に含むものもある、という報告もあった。

 PDE5Iはバイアグラなどの処方薬に使われている薬品である。これは安全なのだろうか?

 「PDE5Iは、医師の指導のもとで使わなければ、不適切な使用によるリスクが生じる可能性がある。たとえば、重度の心疾患があり、ニトログリセリンなどの硝酸薬を服用する患者では、危険な血圧低下が生じうる。重度の肝障害や末期腎不全の患者も服用を避けるべきだ。また、前立腺肥大治療薬のタムスロシン、テラゾシンなどとPDE5Iを併用すると、めまいや転倒のリスクがある」(同氏)

 上記の持病を持つ場合、PDE5Iが含まれる薬の服用は控えるべきだ。

まさか20〜30代で「更年期障害」の症状が! まずは卵巣機能低下や自律神経失調症を疑え 
インタビュー「若年性更年期障害」第1回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる患者も増えている。その症状と原因、治療、予防について、ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師に訊いた。