シリーズ「子どもの心と体の不思議のサイエンス!」第14回

運動機能の発達に欠かせないハイハイは、赤ちゃんの世界を大きく広げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
14_237693388-2.jpg

9〜12カ月ころになるとハイハイが始まる/shutterstock

 赤ちゃんの成長と発達は、目まぐるしく、微笑ましく、実に逞しい。9〜12カ月ころになると、ハイハイが始まる。数カ月も寝たままだった赤ちゃんにとって、ハイハイは世界を大きく広げるきっかけになる。

 赤ちゃんがハイハイできるためには、上肢と下肢を交互に動かす交互運動ができる、首が座り、手足の位置に関わらず顔が前を向いている、空間の奥行きを理解できる、この3つの身体機能の成熟が条件だ。

 最初は、お腹全体を付ける「ずりばい」だが、少しずつ手のひらと膝を付くハイハイ、膝を使わない「高ばい」へ移っていく。「ずりばい」の時は、赤ちゃんはほんの目の前しか見えないので、視野が狭く、自分の気分の向くままに移動している。だが、膝を付くハイハイや「高ばい」ができるようになると、視野が広がるため、周囲の状況を見ながら移動したり、触れなかったモノに手を伸ばしたりする。「あそこまで行きたいよ!」「あれに触りたいよ!」と、移動先の目安も立てられるようになるので、まっしぐらに目的の場所やモノに向かって行こうとする。

 道々、ドアを押し開けたり、モノにぶち当たったり、ゴミ箱をひっくり返したりもするが、赤ちゃんなりの見通しや意志があるので、お母さんの居場所や動きを感じて行動しているのがよく分かる。好き勝手に動き回っているように見えるが、赤ちゃんの脳内に好奇心がムクムクと湧き上がり、自然と体が動いている。動けば動くほど、好奇心は、ますます逞しく高まっていく。

ハイハイの時期は、お母さんと自分の距離感が分かっている

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆