あなたはクリアしていますか? 老若男女を問わず幸福度の高いセックスは「週1回」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sexw1.jpg

週1回が普遍的に適切な「頻度」? bee/PIXTA(ピクスタ)

 セックスは人類にとって永遠のテーマ。そのセックスの頻度と幸福度(セックスの満足度とは別)の相関関係についての調査解析論文が米国で発表された。

 調査解析は、カナダ・トロント大学ミシサガ校のAmy Muise氏らによって行われたもので、専門論文誌『Social Psychological and Personality Science』(11月18日号)に掲載された。

 研究は、セックスの頻度と幸福度について総合的に解析。その基になったデータは、1989~2012年に1年おきに米国で実施された2万5000人超(18~89歳)を対象とした調査など、計3万人以上を対象とした3件の研究だ。

 今回の解析によれば、セックスの回数が多くなるにつれて幸福度も上昇したが、「週1回」を超えると、幸福度の高まりは横ばいとなった。週1回以上でも悪いわけではないが、幸福度の上昇には関連しなかったのだ。

「週1ペース」で維持される「幸福度」?

 このセックスと幸福度との関連性は、性別、年齢、カップルの関係の長さによって、結果に差は生じなかった。意外なことだが、老若男女に普遍的に適切な「頻度」ともいえそうだ。

 逆にいえば「週1回」を超える必要はないが、最低「週1回」の頻度を守ることによって、幸福度は維持されるという見方もできる。同論文は、セックスの頻度と幸福度の因果関係を証明するよう組み立てられたものではないため、「証明」されたというものではない。

 だが、研究を主導したMuise氏は、「平均的なカップルが親密な関係を維持し、積極的な性生活があると思える頻度が『週1回』なのではないか」とコメント。「週1回」という頻度に有意性があることを示唆している。

日本人は世界最下位、「週1回」に満たず

 セックスの頻度に関する調査といえば、英国の大手コンドームメーカーDurex社の調査が有名だ。世界各国のセックスの頻度をオンラインで調査・発表したもので、それによれば、日本人は年間45回、なんと調査41カ国中最下位という「セックスレス」ぶりを示している(2005年の調査)。

 年間45回といえば、週1回に満たない。先の「セックスの頻度と幸福度」調査研究から見ても、「最低限維持したい頻度」に届いていないことになる。40位のシンガポールでさえ73回なので、日本の45回というのは、世界から見るとダントツに低い。

 ちなみに上位を見てみると、1位ギリシャが138回、2位クロアチアが134回、3位セルビア・モンテネグロ(当時)128回。日本の3倍近い数字が並ぶ。

リンクする「少子化」「出生率」「セックスの頻度」?

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛