シリーズ「子どもの心と体の不思議のサイエンス!」第15回

赤ちゃんは「歩行」ができるようになると、独立心も自我も芽生える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
15_146207183-2.jpg

赤ちゃんは1歳ころに歩行を始める/shutterstock

 「這えば立て立てば歩めの親心」と言うように、いつの時代も親は、子どもの成長を今か今かと心待ちするものだ。

 ハイハイしていた赤ちゃんは、さまざまなステップを踏んで、1歳ころに「あんよ(歩行)」を始める。赤ちゃんがハイハイから立ち上がり、歩行するためには、中枢神経の回路や上肢・下肢の筋肉の連携、全身のバランス感覚が協調し合って初めて実現する。

 成長の度合や体の発達の早さも、歩行するまでのステップも、個人差がある。慎重な子も、少し臆病な子も、大胆な子もいるので、その時間差がまちまちなのは当然だ。

 歩行の第一歩は、つかまり立ちだ。テーブルの縁や壁に手をついて、足だけで立ち上がろうとする。まだバランスが悪いので、立ち上がれても動き出せない。少しすれば、テーブルの縁や壁につかまりながら、つたい歩きを始める。最初は、同じ方向しか移動できないので、自分の得意な方向へ歩こうとする。

 やがて、手をどこかに添えたまま、その場で立ったりしゃがんだりする。この屈伸運動は、足や脚に筋肉が付いて自由に動ける準備ができた証拠だ。見るからにたどたどしいが、つかまっていた手を放し、足の力だけで立とうと踏ん張り始める。足の訓練とバランスを保つトレーニングだ。慎重な子なら、なかなか手を放せない時もある。歩行の時期を決めるのは赤ちゃん自身だ。1人立ちできる日は近いので、ゆっくりと見守ってあげよう。

 そして、ある日突然、ト、ト、ト、ト、ト……と思い出したように歩き出す! お父さんもお母さんも、びっくりするが、満面の笑みではしゃいでいる!手を添えたくなるくらい危なっかしい。かなりO脚ぎみだが、まったく心配はいらない。

歩行が始まると言葉を話し始める

まさか20〜30代で「更年期障害」の症状が! まずは卵巣機能低下や自律神経失調症を疑え 
インタビュー「若年性更年期障害」第1回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる患者も増えている。その症状と原因、治療、予防について、ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師に訊いた。