シリーズ「子どもの心と体の不思議のサイエンス!」第15回

赤ちゃんは「歩行」ができるようになると、独立心も自我も芽生える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
15_146207183-2.jpg

赤ちゃんは1歳ころに歩行を始める/shutterstock

 「這えば立て立てば歩めの親心」と言うように、いつの時代も親は、子どもの成長を今か今かと心待ちするものだ。

 ハイハイしていた赤ちゃんは、さまざまなステップを踏んで、1歳ころに「あんよ(歩行)」を始める。赤ちゃんがハイハイから立ち上がり、歩行するためには、中枢神経の回路や上肢・下肢の筋肉の連携、全身のバランス感覚が協調し合って初めて実現する。

 成長の度合や体の発達の早さも、歩行するまでのステップも、個人差がある。慎重な子も、少し臆病な子も、大胆な子もいるので、その時間差がまちまちなのは当然だ。

 歩行の第一歩は、つかまり立ちだ。テーブルの縁や壁に手をついて、足だけで立ち上がろうとする。まだバランスが悪いので、立ち上がれても動き出せない。少しすれば、テーブルの縁や壁につかまりながら、つたい歩きを始める。最初は、同じ方向しか移動できないので、自分の得意な方向へ歩こうとする。

 やがて、手をどこかに添えたまま、その場で立ったりしゃがんだりする。この屈伸運動は、足や脚に筋肉が付いて自由に動ける準備ができた証拠だ。見るからにたどたどしいが、つかまっていた手を放し、足の力だけで立とうと踏ん張り始める。足の訓練とバランスを保つトレーニングだ。慎重な子なら、なかなか手を放せない時もある。歩行の時期を決めるのは赤ちゃん自身だ。1人立ちできる日は近いので、ゆっくりと見守ってあげよう。

 そして、ある日突然、ト、ト、ト、ト、ト……と思い出したように歩き出す! お父さんもお母さんも、びっくりするが、満面の笑みではしゃいでいる!手を添えたくなるくらい危なっかしい。かなりO脚ぎみだが、まったく心配はいらない。

歩行が始まると言葉を話し始める

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇