>  >  > トレンディエンジェルはハゲ文化の新しい夜明けだ!

トレンディエンジェルのM-1優勝で、日本に新たなハゲ文化の夜明けが来る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
trendy.jpg

トレンディエンジェル斎藤司さん(右)とたかしさん~吉本興業HPより

 漫才日本一を決めるM-1で、「トレンディエンジェル」が優勝した。トレンディエンジェルは、斎藤司さんと、たかしさんの2人のコンビ。

 斎藤司さんは、頭頂部に残ったすくない頭髪をボサボサに放置しており、あわせてノーネクタイの背広姿で、なげやりな会社員というスタイルでしゃべる。対して、たかしさんはすくない頭髪を伸ばして、これにオイルを塗って光らさせている。頭部を左右に揺さぶることで、頭頂部に残った長い、しかし、少ない頭髪がふわりと動くことで、トークのリズムと、頭髪の動きをつなげて、広いおでこを露出させる。こうすることで、笑顔と表情が観客にしっかりと届くという演出をしている。
 
 どちらも、ハゲであるという個性を武器に、ハゲネタを使っての漫才をすることは、ライバルの中で勝ち残るために必要な戦略だったのだろう。
 
 ところでハゲとは何なのだろうか。病気なのだろうか? 自然現象なのか? 医学的には「脱毛症」と呼ばれる。さまざまな原因で脱毛症になるが、一般的に、男性の加齢に伴う脱毛症は病気とみなされていないが、そのメカニズムは解明されている。

 男性ホルモンの「テストステロン」から生成されたDHT(ジヒドロ・テストステロン)という物質が原因である。このDHTが毛根細胞に作用すると、正常な発毛サイクルが変化する。正常な毛根細胞であれば数年間発毛するのだが、DHTが作用した毛根は、数か月から1年で発毛活動をやめてしまう。こうした脱毛症は一般的に男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる。

AGAに有効なのはミノキシジルとフィナステリドだけ

 基本的に男性型脱毛症(AGA)の根治療法はない。対処療法としては、発毛剤などの塗布がある。効果の疑わしいものが多い中で、医学的なエビデンスのある治療剤は2つ。ミノキシジルとフィナステリドだ。この二つが男性型脱毛症(AGA)の代表的な治療薬として日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン」の報告書の中で「発毛効果が最も高い」と報告された成分だ。

 ちなみに男性型脱毛症(AGA)の女性版は女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれ、頭髪が全体的に毛量が少なくなり、特に頭頂部が薄くなりやすく地肌が透けて見えるようになる。これにはホルモンバランスの乱れ、血行不良など様々な要因がある。

 また、男女問わず起きるものとして円形脱毛症がある。突発的に十円玉ほどの大きさで脱毛するのが特徴で、自己免疫性疾患が原因と考えられている。

 商品名リアップで知られ育毛剤の主成分がミノキシジルであり、頭皮に塗布して使用する。第二はフィナステリドは医師が処方し、1日1回の内服による。男性ホルモンの作用を抑制するもので。頭髪だけに限定して作用するわけではない。ため、副作用として全身が毛深くなることがある。

 ほかには、毛髪を頭皮に移植する「植毛」という方法もある。これは美容外科に属する。一般的な医療行為としてはみなされてはいない。植毛の課題は、一定の時間がたつと、植毛した毛髪が摩滅して、抜け落ちてしまうか、切れてしまうことである。

ハゲ隠蔽文化に風穴を開ける!

アトピーの元凶は「スキンケアの常識」!「肌に優しい洗顔料」など存在しない
インタビュー「カウンセリングでアトピーを治す!」第2回:須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)

アトピー性皮膚炎は非常に厄介な病気である――。この不可解なアトピー性皮膚炎の原因として、患者やその家族の心の問題にいち早く着目し、治療に取り入れているのが須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)だ。第1回「アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも」

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆