シリーズ「子どもの心と体の不思議のサイエンス!」第17回

赤ちゃんは10カ月ころから大人の表情・行動・状況を読めるようになる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
17_27908953-2.jpg

10カ月ころから大人の行動パターンを読んでいる/shutterstock

 生まれたばかりの赤ちゃんは、人の顔をじっと見たり、真似たりするだけだが、6カ月ころになると、表情や視線の意味を理解できるようになる。たとえば、お母さんが笑いながら「ダメ!」と言った時と、少し怒った顔で「ダメ!」と言った時では、赤ちゃんの反応がまったく違う。

 喜怒哀楽の表情は万国共通だ。どのような文化圏で育った赤ちゃんも、成長しながら表情の意味を理解できるようになる。

 誰にも機嫌よく笑いかけていたのに、6カ月ころになると、見慣れない人を見ると泣き出す。人見知りだ。これは、人の顔を1人ひとり見分け、自分との関係を把握できるようになったサインだ。

 人を見分けるだけでなく、人の表情の違いも認識できるようになる。笑い返すと笑い返す、怒った顔をすると泣き出すのは、そのためだ。ただ、怒った表情よりも、赤ちゃんが怖がるのは、何の感情も現していない無表情(停止顔)らしい。停止顔をされると恐いので、「いったいどうしたの?」という怪訝な表情でお母さんに笑い返して、自分から働きかけるようになる。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇