台湾での卵子提供からの出産に日本人女性は177人  出産した女性は96人、出生児は110人 !

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
台湾での卵子提供からの出産に日本人女性は177人  出産した女性は96人、出生児は110人 !の画像1

台湾で不妊治療を受ける日本人が急増(depositphotos.com)

 台湾政府は、生殖医療機関77施設を対象に対面・電話・電子メールによる「不妊治療に関する実態調査」を実施したところ、72施設から回答を得た(回収率94%)。その結果、台湾で卵子ドナーから卵子提供を受けた日本人女性は、2014~16年の3年間で少なくとも177人、出産した女性は96人、出生児は110人いる事実が判明したという(「読売新聞」2017年5月7日)。

 卵子提供は、病気や高齢などによって妊娠・出産できない女性が、第三者の卵子ドナーから卵子の提供を受けて行う不妊治療だ。提供された卵子と夫の精子による体外受精を行い、その受精卵を自分の子宮に移植する。

 発表によれば、回答を得た72施設の内訳は、卵子提供した4施設、卵子提供したが時期や人数は不明が9施設、卵子提供していないが59施設。年度別の内訳は、2014年が17人、2015年が72人、2016年が88人と漸増している。

台湾で不妊治療を受ける日本人が増えているのはなぜか? 

 2007年、台湾は加齢による不妊症の女性が匿名の卵子ドナーから卵子提供を受ける生殖医療に関する法律を制定した。

 各医療機関は卵子ドナーを公募して集め、医療記録を当局に報告しなければならない。ただ、卵子提供を法的に管理しているものの、出生児の出自を知る権利を認めていないため、出生児は遺伝上の母親を知る手立てがない。

 台湾の各医療機関は、日本語が話せる職員を雇い、東京や大阪で定期的に説明会を開くなどして、不妊治療への認知度を高め、普及を図っている。台湾では中国人、米国人、フィリピン人への卵子提供も少なくないらしい。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇