台湾での卵子提供からの出産に日本人女性は177人  出産した女性は96人、出生児は110人 !

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
台湾での卵子提供からの出産に日本人女性は177人  出産した女性は96人、出生児は110人 !の画像1

台湾で不妊治療を受ける日本人が急増(depositphotos.com)

 台湾政府は、生殖医療機関77施設を対象に対面・電話・電子メールによる「不妊治療に関する実態調査」を実施したところ、72施設から回答を得た(回収率94%)。その結果、台湾で卵子ドナーから卵子提供を受けた日本人女性は、2014~16年の3年間で少なくとも177人、出産した女性は96人、出生児は110人いる事実が判明したという(「読売新聞」2017年5月7日)。

 卵子提供は、病気や高齢などによって妊娠・出産できない女性が、第三者の卵子ドナーから卵子の提供を受けて行う不妊治療だ。提供された卵子と夫の精子による体外受精を行い、その受精卵を自分の子宮に移植する。

 発表によれば、回答を得た72施設の内訳は、卵子提供した4施設、卵子提供したが時期や人数は不明が9施設、卵子提供していないが59施設。年度別の内訳は、2014年が17人、2015年が72人、2016年が88人と漸増している。

台湾で不妊治療を受ける日本人が増えているのはなぜか? 

 2007年、台湾は加齢による不妊症の女性が匿名の卵子ドナーから卵子提供を受ける生殖医療に関する法律を制定した。

 各医療機関は卵子ドナーを公募して集め、医療記録を当局に報告しなければならない。ただ、卵子提供を法的に管理しているものの、出生児の出自を知る権利を認めていないため、出生児は遺伝上の母親を知る手立てがない。

 台湾の各医療機関は、日本語が話せる職員を雇い、東京や大阪で定期的に説明会を開くなどして、不妊治療への認知度を高め、普及を図っている。台湾では中国人、米国人、フィリピン人への卵子提供も少なくないらしい。

脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社p3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆