米、陰毛処理で4分の1以上が、切り傷、熱傷、発疹などを経験、やはり日本では<恥毛>?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_underhair0827.jpg

陰毛処理のちがいはどこから来る?(depositphotos.com)

 米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)准教授のBenjamin Breyer准教授らの研究グループは、陰毛の処理をする人の4分の1以上は、切り傷、熱傷、発疹などを経験していたとする研究論文を『JAMA Dermatology』8月16日オンライン版に発表した。

陰毛の処理をした経験がある男性67%、女性85%!

 発表によると、研究グループは、米国の成人男女7,570人を対象にオンライン調査を実施。その結果、男性の67%、女性の85%は陰毛の処理をした経験があると回答。経験者の26%は処理の時に負傷したことがあり、その比率は男性(24%)よりも女性(27%)が高かった。

 負傷の種類は、切り傷61%、熱傷23%、発疹12%。負傷の部位は、男性は陰嚢67%、陰茎35%、恥骨部29%が多く、女性は恥骨部51%、大腿の内側45%、腟43%、会陰部13%が多かった。

 Breyer准教授は「恥骨部は他の部位に比べれば皮膚が厚いものの、形状が複雑であるため、かみそり、はさみ、毛抜き、ワックスなどで傷つきやすい。除毛剤を使用した場合は化学熱傷が起こる可能性もあるので、負傷によって感染症や埋没毛につながるリスクもある」と指摘する。

 また、1%強(79例)の負傷は医師による治療を必要としたが、ほとんどの負傷は軽度なものだった。ただ、「開いた傷口があると性感染症のリスクが高まることは、陰毛の処理に伴う重大な危険の1つだ」とBreyer准教授は付け加える。

 また、11回以上にわたり陰毛を全て除去している男女は、年齢、処理の頻度、毛深さなどの要因を考慮しても、一部を除去している人によりも負傷するリスクが約2倍高く、繰り返し負傷するリスクも高かった。女性では、かみそりの使用に比べて、ワックスを使用すれば負傷のリスクが低くなることも分かった。

 この研究の限界として、陰毛の処理はデリケートな話題であるため、一部の回答者は調査に対して正直に回答していない可能性があると、研究グループは説明する。

 陰毛の処理をする人が増えている理由は不明だが、Breyer准教授は「ポルノグラフィでは陰毛の処理をしている人が多く登場する。人気の理由は性行為に関連しているのではないか」と推測する。

 『American Journal of Men's Health』に昨年掲載された研究によると、男性は性行為のために陰毛の処理を行うことが多く、特にオーラルセックスに関連することが明らかになっている。一方、女性は、ワックスで陰毛を除去する「ブラジリアン」脱毛が人気になりつつある。

 米レノックス・ヒル病院の皮膚科医であるMichele Green氏は「陰毛を除去するために、自分自身でワックスによる除毛を試みたり、ピンセットで毛を引き抜いた患者を数多く診察してきた。それが原因で感染症を発症した患者も少なくないので、陰毛をすべて除去したい患者にはレーザー処理を勧めたい。特に男性は、陰毛を除去したいのならば専門家に相談すべきだ」とアドバイスする。

 また、1%強(79例)の負傷は、医師による治療を必要としたが、ほとんどの負傷は軽度だった。ただ、Breyer准教授は、陰毛の処理に伴って傷口が開くと性感染症のリスクが高まると強調する。

 なお、泌尿器の負傷で救急受診した成人患者のうちの3%は、陰毛の処理に伴う負傷が見られたとする研究もある。たかが陰毛の処理と侮ると、大怪我が待ち受けるかもしれない。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔