スマホは使うほど幸せが減る!? 幸福度が高かった1日の利用時間は……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホは使うほど幸せが減る!? 幸福度が高かった1日の利用時間は……の画像1

デジタル機器の利用時間と「幸福度」の関係は?(depositphotos.com)

 昨年(2017年)末、文部科学省が発表した「学校保健統計調査」によれば、裸眼視力1.0未満の小中学生割合が過去最高を記録。文科省の見解はスマートフォンやゲーム機の長時間利用など生活習慣の影響が出た、というものだった。

 ただし、この「デジタル機器漬け」と「近視増加」の相乗傾向は何も小中学生に限らず、今日の大人たちでさえ例外でないことは言うまでもない。

 寝床に入ってからもスマホ画面をスクロールし続け、ブルーライトに交感神経を刺激されて、不眠傾向を抱えている層はむしろ大人のほうが多そうだ。

 では、そんな心当たりをお持ちのアナタにお聞きしたい。スマホに代表されるデジタル機器の利用時間に関して、長めの人と短めの人を比べた場合、いったいどちらのタイプのほうが「幸福感の程度」を低く思っているのか?

 そんな誰もが考えそうで、その実、言われてみないと考えもしない「デジタル機器と幸福度の関係性」を探求した研究報告が、『Emotion』(1月22日オンライン版)に掲載された。

スマホ画面に向かう時間で「幸福感」に差?

 ディスプレイに向かう利用時間の長短によって、いったい幸福感に差は生じるものなのかどうか――。この興味深い比較調査を実施したのは、米サンディエゴ州立大学のJean Twenge教授(心理学者)ら研究陣である。

 Twenge女史らは今回、米国内の中学2年生、高校1年生、高校3年生の男女生徒110万人を対象に行なわれた大規模な調査データ(実施期間:1991~2016年)を分析し、10代の感じる幸福度とデジタル機器の相関関係を探った。

 このデータから分析したのは、「スマホやタブレット、あるいはパソコン類の1日当たりの利用時間はどのくらいか」、逆に「直接、人と会ったりする時間」や「スポーツに勤しむ時間」、デジタルディスプレイではなく「新聞や雑誌を広げて読む時間」など。

 さらに「自分の生活に関する満足度はどれくらいだと思うか?」「自尊心は満たされているか?」「自分は幸せなほうだと思うか?」という3つも尋ね、幸福感に対する100万人超分の自己採点評価も記録されていた。

 それらを総合解析したTwenge氏らの結果はこうだった――。

 全般的な傾向として、デジタル機器の利用時間が長ければ長い層ほど、(裏返せば)利用しない他の活動時間が短ければ短い層ほど、自分自身を「幸せだ」と感じている度数が低くなるという特徴が読み取れた。

 一方、自己評価で最も幸福度が高いと感じている層は、デジタル機器と向き合う1日当たりの利用時間が「1時間未満」の中高生たちである点も判明した。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆