シリーズ「ゴースト血管って何?なぜ起きるの?」第1回

ゴースト血管って何? 動脈硬化、肝臓病、認知症、骨粗しょう症などの原因に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_Blood capillaries.jpg

血管の老化こそ多くの病気の原因(depositphotos.com)

 「人は血管とともに老いる」。医学の暗黒時代の19紀に現代医療の基礎を築いた名医ウィリアム・オスラー博士の強い警告は真理だ。このところ注目を集めている「ゴースト血管」もこの言葉と深い関係がある。

 体内最大の臓器、血管は心臓から出る血液を送る動脈と心臓へ戻る血液を送る静脈、さらには細動脈と細静脈をつなぐ毛細血管(capillary vessel)からなっている。

全身の血管のおよそ99%が毛細血管

 毛細血管は、動脈と静脈をつなぎ、およそ100億本が全身に網の目のように張りめぐらされている。全身の血管のおよそ99%を占め、酸素、栄養素、ホルモン、体温、水分、白血球の輸送路になり、不要な二酸化炭素や老廃物の回収路になる。
 
 毛細血管の全長は約9万9,000㎞(地球2周半の長さ)。直径約0.01mm(髪の毛の10分の1)の肉眼で見えない超極細血管なので、赤血球が1列に並んでやっと通れる太さしかない。だが、約37兆個の細胞と0.03mm以内の超至近距離を常に保っている。

 毛細血管の壁は「内皮細胞」と薄い「基底膜」からなり、この2層が酸素と二酸化炭素の代謝交換を行う。

 「内皮細胞」の外側に点在する「周皮細胞」は、血流を調節している。毛細血管に損傷が生じると活性化し、コラーゲンをつくり、傷を修復したり、新しい血管をつくるのも、「周皮細胞」の重要な働きだ。

 毛細血管は、安定した構造をしているものの、致命的な欠点がある。

 加齢、活性酸素、ストレス、生活習慣の乱れなどの影響を受けると、脆くなり、壊れやすくなるからだ。

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行