シリーズ「ゴースト血管って何?なぜ起きるの?」第1回

ゴースト血管って何? 動脈硬化、肝臓病、認知症、骨粗しょう症などの原因に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_Blood capillaries.jpg

血管の老化こそ多くの病気の原因(depositphotos.com)

 「人は血管とともに老いる」。医学の暗黒時代の19紀に現代医療の基礎を築いた名医ウィリアム・オスラー博士の強い警告は真理だ。このところ注目を集めている「ゴースト血管」もこの言葉と深い関係がある。

 体内最大の臓器、血管は心臓から出る血液を送る動脈と心臓へ戻る血液を送る静脈、さらには細動脈と細静脈をつなぐ毛細血管(capillary vessel)からなっている。

全身の血管のおよそ99%が毛細血管

 毛細血管は、動脈と静脈をつなぎ、およそ100億本が全身に網の目のように張りめぐらされている。全身の血管のおよそ99%を占め、酸素、栄養素、ホルモン、体温、水分、白血球の輸送路になり、不要な二酸化炭素や老廃物の回収路になる。
 
 毛細血管の全長は約9万9,000㎞(地球2周半の長さ)。直径約0.01mm(髪の毛の10分の1)の肉眼で見えない超極細血管なので、赤血球が1列に並んでやっと通れる太さしかない。だが、約37兆個の細胞と0.03mm以内の超至近距離を常に保っている。

 毛細血管の壁は「内皮細胞」と薄い「基底膜」からなり、この2層が酸素と二酸化炭素の代謝交換を行う。

 「内皮細胞」の外側に点在する「周皮細胞」は、血流を調節している。毛細血管に損傷が生じると活性化し、コラーゲンをつくり、傷を修復したり、新しい血管をつくるのも、「周皮細胞」の重要な働きだ。

 毛細血管は、安定した構造をしているものの、致命的な欠点がある。

 加齢、活性酸素、ストレス、生活習慣の乱れなどの影響を受けると、脆くなり、壊れやすくなるからだ。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛