禁煙ポスターは若者には逆効果? タバコへの渇望を抑える方法

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<禁煙ポスター>若者には逆効果? なかなか消えないタバコへの渇望を抑える方法の画像1

禁煙ポスターを見ることで、逆にタバコを喫いたくなる?(depositphotos.com)

 禁煙が世界的な潮流であることは誰の目にも明らかであるが、タバコへの欲求はそう簡単にはなくならない。これから成人になる若者にどうやって喫煙を思いとどまらせるか? どこの国でもさまざまな手段を試みている。

 タバコの害を分かりやすいイメージで喚起させるポスターは、その手段の最たるもの。だが、こうしたポスターは、じつは逆効果で、かえってタバコへの欲求を喚起するとしたら――。そんな気になる調査結果が『Nicotine&Tabacco Research』(12月13日オンライン版)に掲載された。

ポスターが喫煙への気持ちをさらに高める

 この研究は、米ランド研究所上級行動科学者のWilliam Shadel 氏らが11〜17歳の男女441人を対象に実施したものだ。

 同氏らは、実験室に擬似的なコンビニエンスストアを作り、そのレジカウンターの背後には喫煙の害を伝えるポスターを掲示した。

 ポスターには「警告:タバコはがんの原因」というメッセージとともに、「喫煙によって不健康な外見になった口の写真」が掲載されたものを使用。その上で、来店した若者の喫煙に対する意識への影響について検討した。

 その結果、疑似コンビニエンスストアで買物をした若者のうち、「以前から喫煙に否定的であった者」については、ポスターを見る前と見た後で喫煙に対する意識の変化はなかった。

 しかし、「以前から喫煙に興味があり、喫煙を開始するリスクが高いと判定された若者」は、「ポスターを見ることで喫煙を始めたいという気持ちがさらに高まる」ことが明らかになったのだ。

 この結果を踏まえ、Shade氏は、「もともと喫煙リスクの高い若者は、タバコの害を警告するポスターに対して身構えるために、ポスターが伝える健康リスクを信用しなかったり、軽視したりする可能性がある」と考察している。

 その上で同氏は、「禁煙教育の一貫でタバコ製品の販売店に警告ポスターを掲示する場合には、慎重に検討すべきであることが今回の研究で示された」と結論づけている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆