禁煙ポスターは若者には逆効果? タバコへの渇望を抑える方法

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<禁煙ポスター>若者には逆効果? なかなか消えないタバコへの渇望を抑える方法の画像1

禁煙ポスターを見ることで、逆にタバコを喫いたくなる?(depositphotos.com)

 禁煙が世界的な潮流であることは誰の目にも明らかであるが、タバコへの欲求はそう簡単にはなくならない。これから成人になる若者にどうやって喫煙を思いとどまらせるか? どこの国でもさまざまな手段を試みている。

 タバコの害を分かりやすいイメージで喚起させるポスターは、その手段の最たるもの。だが、こうしたポスターは、じつは逆効果で、かえってタバコへの欲求を喚起するとしたら――。そんな気になる調査結果が『Nicotine&Tabacco Research』(12月13日オンライン版)に掲載された。

ポスターが喫煙への気持ちをさらに高める

 この研究は、米ランド研究所上級行動科学者のWilliam Shadel 氏らが11〜17歳の男女441人を対象に実施したものだ。

 同氏らは、実験室に擬似的なコンビニエンスストアを作り、そのレジカウンターの背後には喫煙の害を伝えるポスターを掲示した。

 ポスターには「警告:タバコはがんの原因」というメッセージとともに、「喫煙によって不健康な外見になった口の写真」が掲載されたものを使用。その上で、来店した若者の喫煙に対する意識への影響について検討した。

 その結果、疑似コンビニエンスストアで買物をした若者のうち、「以前から喫煙に否定的であった者」については、ポスターを見る前と見た後で喫煙に対する意識の変化はなかった。

 しかし、「以前から喫煙に興味があり、喫煙を開始するリスクが高いと判定された若者」は、「ポスターを見ることで喫煙を始めたいという気持ちがさらに高まる」ことが明らかになったのだ。

 この結果を踏まえ、Shade氏は、「もともと喫煙リスクの高い若者は、タバコの害を警告するポスターに対して身構えるために、ポスターが伝える健康リスクを信用しなかったり、軽視したりする可能性がある」と考察している。

 その上で同氏は、「禁煙教育の一貫でタバコ製品の販売店に警告ポスターを掲示する場合には、慎重に検討すべきであることが今回の研究で示された」と結論づけている。

自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛