幸せに必要な年収は……ある金額に達すると幸福度は低下する!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたの「幸せ」に必要な年収は?収入が「上限額」に達すると「幸福度」は逆に低下!の画像1

あなたの「幸せ」に必要な年収は?(depositphotos.com)

 「もうこれで満足だという時は、すなわち衰える時である」――。

 これは「日本資本主義の父」と称された官僚で実業家・渋沢栄一氏の有名な格言だ。3月15日の日本商工会議所の通常会員総会で、渦中の安倍晋三首相が、この言葉を引いて挨拶したニュース映像をご覧になった方もいるだろう。

 今回、紹介する最新の知見も、この渋沢氏の格言が訓えるところに適った話題かもしれない。調査を実施した心理学者ら曰く、「幸せになるために必要な収入には上限がある」というのだから――。

 そんな誰もが気になる身近な話題についての論文が『Nature Human Behaviour』(1月8日オンライン版)に掲載された。執筆陣は米パデュー大学心理学部のAndrew Jebb氏を筆頭とする研究陣だ。

リア充にも沸点があるらしい

 人は誰でも、現在と将来の「幸せ」を願わずにはいられない。何をもって「幸せ」と呼ぶかは十人十色であったとしても、「通常の幸福を手に入れるためには、自身(あるいは家族)の収入が多ければ多いほど良いに越したことはない」と考える人が大半だろう。

 しかし、今回の研究を行なったJebb氏らが導いた結論はこうだ――。

 「収入が一定額に達した場合、それ以上増えたとしても、その人の幸福度が高まるわけではない」

 人間が「幸せ」だと感じるための必要な収入額に、はたして上限があるのか? そんな研究目標に挑んだJebb氏らは、米国の世論調査会社ギャロップ社が、世界164カ国の男女170万人以上を対象に行なった、大規模調査のデータを用いて分析を試みた。

 彼らが注目したのは、次の2点である。

①人生に対する満足度(life eveluation)

 自ら立てた目標や他者との比較において、自分の状況に満足している場合に得られる感覚。
 
②感情面での幸福感(emotional well-being)

 「楽しい」とか「悲しい」など日々の感情が良好な状態。

 では、それぞれの心理状態(リア充)を満たすためには、いったいどれくらいの収入が必要か?

 Jebb氏らの解析が算出した結果は――

 「①人生に対する満足度」を得るためには9万5000ドル(約1020万円)

 「②感情面での幸福感」を得るためには6万~7万5000ドル(約640~800万円)

 の収入が必要だという結果が示された。

 日米間では、当然、物価も文化も暮らしぶりも違えば、為替レートの問題もあるので、この評価額の妥当性については別の機会にゆずろう。

 ちなみに日本の平均世帯年収は「約550万円」であるから、「②感情面での幸福感」を得るには「もうひと頑張り」という感じだろうか。

外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志