ミレニアル世代は完璧主義? その結果、精神を病む若者も

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミレニアル世代は「完璧主義」? その結果、精神を病んでしまう若者もの画像1

「完璧主義」のミレニアル世代の若者の中には精神を病んでしまう人も(depositphotos.com)

 2000年代に成人ないし「社会人になる/なった」、いわゆる「ミレニアル世代(millennial generation)」の学生たちは、一世代前の学生に比べて「完璧主義者である」割合が際立って高い――。

 英バース大学のDhomas Curran氏らによる、そんな調査研究の報告が『Psychological Bulletin』(2017年12月28日オンライン版)に掲載され、耳目を集めている。

 彼らは「ミレニアルズ(millennials)」とも「y世代」とも呼ばれ、インターネット普及の環境下で育っち、情報リテラシーにも優れた最初の世代であることから<デジタルネイティブ>とも総称されてきた。

 一方、幼い時期から一度ならぬ金融危機や格差の広がり、深刻な気候変動問題などの厳しい情勢にさらされて育ち、競争社会の波をもろに浴びてきた世代であるゆえに、価値観/経済感覚/職業観/人生観も、前世代とはかなり違っている。

 ちなみに世代幅の定義では、ミレニアル世代を「1980〜2004年頃の生まれ」とするものや「2000年代の初頭に成年期を迎えた層」など諸説あるが、前出のCurran氏らの論文上では「1980年代半ば以降に生まれ2000年以降に成人になった世代」と定義している。

 要するに日本でいう「ゆとり教育世代」(1987年4月2日~2004年4月1日生まれ)が、その中心に位置している。

「完全主義者」の3つのタイプ

 今回の研究は、米国とカナダ、英国の大学生たち4万1641人を対象とし、多面的要素から構成された「完全主義」の評価項目の質問票に答えるかたちで分析が実施された。

 心理学の世界では、常に高水準を求め、自他共に批判的になりやすい傾向の「完全主義者」には3つのタイプが存在するとされている。

①自己志向型:文字どおり、自己に高水準を求め、完璧であろうと努力する

②社会規定型:自己の完璧さが他者(社会)にとって重要であると考えて努力する

③他者指向型:期待に応えられない他者を見下し、容赦ない批判を行なう暗黒系

 Curran氏らの評価集もこの3タイプに則って構成され、4万超のデータが分析された。

 その結果、1989~2016年の期間中、いずれのタイプでも「完全主義者」の割合が上昇傾向にあることが判明した。その内訳は「①自己志向型:10%↑」「②社会規定型:33%↑」「③他者指向型:16%↑」だった。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫