シリーズ「DNA鑑定秘話」第63回

モーツァルト急死の謎に迫る! サリエリによる毒殺説の真相は? 頭蓋骨のDNA鑑定の信憑性は?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モーツァルト急死の謎に迫る! サリエリによる毒殺説の真相は? 頭蓋骨のDNA鑑定の信憑性は?の画像1

35歳で早逝したモーツァルト急死の謎!(depositphotos.com)

 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart:1756年1月27日~1791年12月5日)――。

 『トルコ行進曲』『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』『レクイエム』『フィガロの結婚序曲』『魔笛』など、ピアノソナタの小曲から協奏曲、交響曲、オペラまで600曲もの名曲を書き残した、不世出の神童であり、世紀の天才作曲家だ。

 その妖しくも華やかな伝承に彩られた35年の生涯と不遇の死の謎……。急死に至る約11ヶ月の足跡を追わなければ、辿り着けない真実がある。

死に至るまでの11ヶ月

 1791年1月、『ピアノ協奏曲第27番』K.595を作曲。3月、初演コンサートで最後の指揮に立つ。7月、妻コンスタンツェが第6子フランツ・クサーヴァーを出産。喜びに酔う間もなく、作曲、金策・借金の返済に追われる。9月、プラハで行われたレオポルト2世のボヘミア王戴冠式でオペラ『皇帝ティートの慈悲』K.621を初演するが不評。息つく暇なく興行主エマヌエル・シカネーダー一座のために作曲した最後のオペラ『魔笛』K.620を初演、やんやの喝采が降り注ぐ。

 やがて過労が重なり、発熱、体調を崩す。鎮静剤を服用するが、11月頃から悪化。高熱、発疹、発汗、腫れ、手足や背中の痛み、嘔吐、下痢に悩まされ、衰弱していく。11月20日、『レクイエム(死者のためのミサ曲)』K.626を作曲しつつ、病床に伏す。2週間後の12月5日0時55分、ウィーンで急死。享年35。

 なぜだかは不明だが、カトリック信者が受ける聖職者による聖体拝領の「塗油(とゆ)の儀」を、モーツァルトは拒んでいる。また、その急死によって『レクイエム』は未完となったが、弟子のフランツ・クサーヴァー・ジュースマイヤーが補筆し完成させる。

モーツァルトの死因論争

 モーツァルトの死因は何か? ウィーン市の公式記録によれば、全身の浮腫と高熱を示したため「急性粟粒疹熱」「リューマチ性炎症熱」と伝わる。

 しかし、1984年、診断記録などを精査したピーター・J・デイヴィーズ博士は、論文「モーツァルトの病気と死」を発表。モーツァルトは以前に罹った「連鎖状球菌伝染病」を再発し、シェーンライン・ヘノッホ症候群と腎不全を発症。瀉血(血液を抜く)が症状を悪化させたため、大脳の出血に至り、気管支炎性肺炎を併発して致死したとしている(参考文献:『モーツァルト最後の年』中央公論新社)。

 「連鎖状球菌伝染病」は、グラム陽性好気性細菌(レンサ球菌)によって、咽頭炎、肺炎、創傷・皮膚感染症、敗血症、心内膜炎などを引き起こす感染症。リウマチ熱と糸球体腎炎症を続発する。

 「シェーンライン・ヘノッホ症候群」は、アレルギー性紫斑病とも呼ばれる自己免疫性のアレルギー性血管炎。紫斑、関節症状(足関節、膝関節の疼痛、腫脹)、下血を伴う腹痛、腎症状(血尿、蛋白尿、ネフローゼ症候群)を起こす。

 ランドンによれば、幼少期から度重なる旅行生活の不摂生や、舗装が不完全な道路のために馬車の振動が健康を脅かし、当時の医療技術が未熟であったことも災いした結果、リューマチ熱に陥ったと推察している。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇