日本の救急医療が危ない! 救急車でのコンビニ立ち寄りを認めるべき?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の救急医療が危ない? 市民のクレームで食事がとれない救急隊員!の画像1

救急隊員が健康でなければ市民の救命にも影響が(depositphotos.com)

 記録的な猛暑に見舞われているこの夏。8月も連日暑さが続いている。

 7月31日、総務省消防庁は、熱中症の症状で4月30日〜7月29日に救急搬送された人は全国で5万7534人になり、昨シーズンの5月1日〜9月30日の5万2984人を、この3カ月ですでに上回ったと発表した。

 このまま行けば、今シーズンの救急搬送数が過去最多になることは間違いないだろう。

 そんな中、7月26日、名古屋市消防局が公式ツイッターに「出動が連続し消防署に戻れない時は、救急車でコンビニ等に立ち寄り飲料水等を購入する場合があります。その際も、出動態勢は維持していますので、ご理解をお願いします」と投稿し、大きな反響を呼んだ。

 このツイートは8月7日の時点で6万2000件以上もリツイート(拡散)され、共感を示す「いいね」は7万8000件近くに上っている。

救急車がコンビニにいるとびっくりする

 

 名古屋市消防局の担当者によると、猛暑による救急出動が急増したため通常より救急隊を増やして対応しているものの、1日の出動が22件にもなった隊もある。以前に「救急車で買い物をしていた」との批判が市民から寄せられたこともあり、隊員の食事や水分補給の機会を確保するために投稿したという。

 これに対してツイッター上では「構わず立ち寄ってください」「救急隊の方の安全も大事」「頑張って」といった隊員達を励ますメッセージのほか「そんなことでクレームする人がおかしい」と疑問を投げかける声も数多く寄せられた。

 一方で、少ないながら否定的な意見もある。この件を取り上げたワイドショーで街の声を拾ったアンケートでは、48人中8人が、救急隊員が仕事の合間にコンビニに立ち寄ることに難色を示した。その主な理由は「救急車が停まっていると驚くから」というものだ。

 その放送を受けて再びネットは炎上。「こんなことも許してくれない人がいるなんて」「どれだけブラックなの?」と驚き、呆れる書き込みが相次いだ。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫