探し物が見つからないワケは……視野の特性を知ると日常生活でトクすること

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
84607710.jpg

あなたが見えやすいのはどちら?(depositphotos.com)

 有名な「木を見て森を見ず」(You can't see the forest for the trees.)はどうやら、世界共通のことわざらしく語源は不明とか。

 井上雄彦氏の大ヒット漫画『バガボンド』(原作は吉川英治著『宮本武蔵』)の作中でも、沢庵和尚(宗彭)がその教えを引きながらこう諭している。

 「どこにも心を留めず/見るともなく全体を見る/それがどうやら…『見る』ということだ」 

 では、この心得を実際の、眼の機能に照らし合わせて考察してみると……。

 『Proceedings of the National Academy of Sciences (PNAS)』(4月10日・オンライン)に掲載された最新の知見に、そのあたりの事情が明かされていて面白い。

 まずは、ヒトの視野の基礎知識から本題に入ろう。

 左右それぞれ100度前後あるとされる視野も、物の形や色をくっきりと判別できる注視点はわずか1~2度に過ぎない。

 その「中心視野」の周りで「ほぼ」明瞭に認識できる範囲(約4~20度)が「有効視野」と呼ばれ、それ以外の「周辺視野」では、物の形も色の判別も明瞭さに欠ける。

あなたは、右?左? どちらがが見えやすい?

 ところが、「周辺視野」は中心にない物体を見る能力に長けており、眼が焦点を合わせる前にその第一印象や全体観を掴む重要な役割を果たしているのだ。

 そして、この周辺視野がもつ能力には著しい個人差があるという報告が、英ロンドン大学(UCL)の研究主任著者、John Greenwood氏らの小研究によってまとめられた。

 12年間に渡る、さまざまな知覚テストを繰り返した結果、左側にあるものを見つけるのが得意な人もいれば、対照的に右側にあるもののほうがよく視える人もいる――との傾向が読み取れた。

 「ヒトの眼は誰でも、それぞれ独自の感受性パターンを持っており、見えにくい領域と見える領域には著しい違いがある」(Greenwood氏)

 知覚テストの一例はこうだ。被験者にはスクリーンの中心点に眼の焦点を合わせてもらい、さまざまな場所に時計の画像を表示する。

 スクリーン上に時計が1つの場合もあれば、2つの時計が隣り合って混在している場合も試された。

 その結果、多少の個人差はあるものの共通の傾向が認められた。2つの目標(時計)が眼の高さから上下に離れており、混在している画像環境下では誰もが総じて「目標探し」に困難を極めた。

 一方、時計同士が近くに表示されるほど、中心にある時計を読み取ることが難しくなる傾向も全体で共通していた。いわゆる「視覚的混雑: visual crowding」と呼ばれる現象だ。

年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫