医師の「SNS」投稿は守秘義務に抵触? Facebookに患者名入りの検査画像の投稿も

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
医師の「SNS」投稿は守秘義務に抵触? Facebookに患者名入りの検査画像の投稿もの画像1

Facebookに患者名が見えるX線画像の投稿事例も(depositphotos.com)

 数年前、有名人の来店や悪口をリアルタイムで書き込んだり、同僚が食材の上に寝ころぶ悪ノリ写真をSNS上に投稿して、大炎上するなど話題が相次いだ。

 いや、今日現在でさえ「匿名ならば大丈夫だろう」とばかりに、職場環境の劣悪さや仕事の愚痴を書き込む投稿の類いはあとを絶たない。

 そんな投稿者たちは、おそらく「特定厨」と呼ばれる連中の存在を知らないのかもしれない。彼らは、基本情報や投稿歴から住所・年齢・勤務先・家族構成などの個人情報を特定し、積極的に公開してしまう人々だ。

 結果、一人の従業員の不用意な投稿が企業の信用崩壊を生み、最悪の場合、倒産に追い込まれる事例も稀ではない。

 とはいうものの職業柄、守秘義務が徹底している医師や弁護士などの世界では、さすがにそんなうっかり案件も皆無に等しいだろう――。私たちはつい、そう考えがちだ。

 ところが、そんな信頼感をゆさぶりかねない米国の若手医師の実態報告が、『BJU International』(4月9日付・オンライン版)に掲載された。

医師によるソーシャルメディアの利用のガイドラインも効果薄!?

 前例のない研究から驚愕の事実を引き出したのは、米ニューハンプシャー州レバノンにあるダートマス・ヒッチコック医療センターのKevin Koo氏らだ。

 医師によるソーシャルメディアの利用に関しては、すでに、米国内の複数の医療従事者団体や医療機関がガイドラインを作成してきた。しかし、その普及度と現場での浸透ぶりに、同氏らは疑問を抱いたようだ。

 たとえば、米国医師会(AMA)が2010年に発行したガイドラインの場合、医師たる者はオンライン上の投稿を「仕事用」と「個人用」で線引きし、使い分けるように説いている。

 つまり、患者とは「適切な職業的距離を保ち」つつ、患者の個人情報を決して侵害しないよう、その重要性を強調してきた。

 ところが、ジョンズ・ホプキンス大学(ボルチモア)のMatthew DaCamp氏に言わせれば、「その手のメッセージが、実際にはどの程度、医師らに届いているのかはイマイチ不明」というのが実態のようだ。

 今回の調査研究を実施した前出のKoo氏も、「これらのガイドラインの認知度すら明らかでない」と同意を寄せている。

 Koo氏らは研究を始めるに際し、2015年に米国内の泌尿器研修医プログラムを卒業した医師、計281名の氏名を「Facebook」で検索してみた。

 結果、そのうちの72%の医師がプロフィールを(何らの疑いもなく)公開していた。さらにその40%相当の新人医師が「プロ意識に欠ける内容」を書き込み、「好ましくないと判断できる」潜在的情報を投稿している事実が浮き彫りになった。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志