「先進医療」の記事一覧

日本発の技術と医工連携で完成まぢか 8K内視鏡は世界の手術を変える

昨年12月、都内で「超高精細8K画像技術の臨床的応用について、ヒトの内視鏡・顕微鏡手術」と題される記者会見が開催された。世界で始めて8K内視鏡を使用したヒトでの手術が成功したことが報告された。 8Kはスーパーハイビジョンとも呼ばれる超高解像度映像技術で、NHKが開発…続きを読む

日本発の技術と医工連携で完成まぢか 8K内視鏡は世界の手術を変える

個人向け遺伝子検査市場の拡大にいたる道のりはこうして作られた

生命科学の探求――。その道のりは長く険しかった。人類のたゆみない好奇心と情熱と勇気だけが、その基幹エンジンだった。 この連載では、世界各国の企業がしのぎを削る「遺伝子検査ビジネス」の実態について検証したい。第1回はイントロダクションとして、遺伝子解析の歴史を振り返る。…続きを読む

個人向け遺伝子検査市場の拡大にいたる道のりはこうして作られた

「出生前診断」は怖くない~妊婦さんとその家族のために正しい知識を~

2013年4月、妊婦さんの血液を検査して胎児の染色体異常を調べる「新型出生前診断」の臨床研究が一部の大学病院などで始まった。しかし検査を受けられる年齢が出産予定日に35歳以上であること、あるいは費用が20万円ほどもかかることなどもあって、まだまだ限られた妊婦さんしか受けられ…続きを読む

「出生前診断」は怖くない~妊婦さんとその家族のために正しい知識を~
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇