「先進医療」の記事一覧

がん免疫療法が常識を変える! 数年後に「がんで死なない時代」が到来する?

「今、がんは、糖尿病や高血圧と同じ、単なる生活習慣病、慢性疾患となりつつあると言っていい」――。 俄かには信じがたい話だが、昭和大学臨床免疫腫瘍学講座教授の角田卓也氏は、今年1月に上梓した『進行がんを克服する 希望の「がん免疫療法」』(発売:幻冬舎)の中で、そう大胆に断…続きを読む

がん免疫療法が常識を変える! 数年後に「がんで死なない時代」が到来する?

「冬の第1月曜の朝」は心臓病が最も起こりやすい!その理由とは

「時計遺伝子」の解明が進むにつれて、「体内時計」が「サーカディアンリズム(概日リズム)」を保つしくみがわかってきた。 「Bmal1」「Clock」「Per1」「Per2」「Cry1」「Cry2」という6種類の時計遺伝子が連動して働き、24時間周期のリズムを作り出している…続きを読む

「冬の第1月曜の朝」は心臓病が最も起こりやすい!その理由とは

アーミッシュの遺伝子変異による「長寿」と糖尿病の少なさが将来すべての人に!?

米のアーミッシュ(キリスト教の一派)の住民を対象とした調査から、一部の住民に共通した遺伝子変異があり、変異がある人では、ない人と比べて平均寿命が10年長いことが分かった。 アーミッシュは、インディアナ州、ペンシルベニア州・中西部などやカナダ・オンタリオ州などに居住するド…続きを読む

アーミッシュの遺伝子変異による「長寿」と糖尿病の少なさが将来すべての人に!?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇