「先進医療」の記事一覧

「自己増殖能」を活用した歯の再生医療――歯髄幹細胞から作ったiPS細胞は20%に移植可能!

「さぁ、ヤケのヤンパチ、日焼けのナスビ、色が黒くて食いつきたいが、わたしゃ入れ歯で歯がたたない!」 ご存知、映画『男はつらいよ 寅次郎物語』でフーテンの寅さんが放つ威勢のいいテキ屋の口上。入れ歯で歯がたたないのは、当たり前。だが、歯がゆい、歯ぎしりする、歯に衣着せないな…続きを読む

「自己増殖能」を活用した歯の再生医療――歯髄幹細胞から作ったiPS細胞は20%に移植可能!

年間4万人が亡くなる心筋梗塞の再生医療――iPS細胞から「前駆細胞」を移植

1日に約10万回も収縮と拡張を繰り返しながら、ポンプのように全身に血液を送り出している心臓。冠動脈は、収縮したり、拡張したりする心臓の筋肉(心筋)に血液を休みなく送り込む血液循環の原動力だ。この冠動脈が動脈硬化などによって狭くなると、心筋に送り込む血液量が不足するため、胸の…続きを読む

年間4万人が亡くなる心筋梗塞の再生医療――iPS細胞から「前駆細胞」を移植

約950万人が患う糖尿病の再生医療――インスリンを入れたカプセルを皮下組織に移植

糖尿病といえば、日本人の三大疾病、心疾患、脳疾患、がんに次ぐ国民病。インスリンの欠乏によって血液中のブドウ糖(血糖)の濃度が異常に高まり、高血糖の状態を招く重篤な慢性疾患だ。 ヒトは、食べ物に含まれる三大栄養素(炭水化物、脂質、たんぱく質)を消化・吸収して得たブドウ糖を…続きを読む

約950万人が患う糖尿病の再生医療――インスリンを入れたカプセルを皮下組織に移植
処女と童貞で結婚、一度もセックスができない<未完成婚>の原因は……
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第2回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並び、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるが女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆