「先進医療」の記事一覧

「がん免疫療法」で副作用や死亡事例!? ステージ4も完治できる<武器>を使うには

<第4の治療>として注目されている「がん免疫療法」。これまで「手術」「放射線療法」「化学療法」が、がん治療の3本柱だったが、効果が明らかな免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」「キイトルーダ」などが登場し、治療方法は飛躍的に進歩している。 その一方で、書籍や雑誌、イン…続きを読む

「がん免疫療法」で副作用や死亡事例!? ステージ4も完治できる<武器>を使うには

「完璧ではない腎臓」の移植が透析より優れた選択肢に~捨てられる臓器が泣いている!

何らかの疾患がある高齢のドナーから提供された“準最適(suboptimal)”な腎臓であっても、移植後の機能はこれまで考えられていたよりも優れていることを示した研究結果が「Journal of the American Society of Nephrology」7月6日オ…続きを読む

「完璧ではない腎臓」の移植が透析より優れた選択肢に~捨てられる臓器が泣いている!

ペットに「再生医療」「がん免疫細胞治療」! イヌとネコの寿命が大幅に延長

日本でペットとして飼われているイヌとネコの平均寿命は、イヌが13.2歳、ネコが11.9歳。どちらも過去最高を更新した(東京農工大学と日本小動物獣医師会の大規模調査:「毎日新聞」2016年9月14日)。 1990年、1994年、2002年に次いで4回目となる2014年の調…続きを読む

ペットに「再生医療」「がん免疫細胞治療」! イヌとネコの寿命が大幅に延長
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆