「先進医療」の記事一覧

「ゲノム医療」が創薬と再生医療で難病に挑む!「iPS細胞」を活用した治験もスタート!

必要は発明の母、挑戦は進化の父――。 日々加速する「ゲノム医療」のイノベーションは、まさに必要と挑戦の大釣果だと実感させられる。「創薬」と「再生医療」というゲノム医療の両翼が、逞しく動き始めているからだ。がん患者の遺伝子変異に有効な「分子標的薬」の治験がいよいよスタ…続きを読む

「ゲノム医療」が創薬と再生医療で難病に挑む!「iPS細胞」を活用した治験もスタート!

「がん免疫療法」の情報が氾濫~正しい知識を得るのが<がん克服>のカギ

これまでのがん治療は、「手術」「放射線療法」「化学療法」を3本柱としてきた。それに加えて研究が進み、近年<第4の治療>として注目されているのが「がん免疫療法」だ。 「がんは、まず『手術』、それが難しい場合は『放射線治療』や抗がん剤などの『化学療法』を行うのが標準的な治…続きを読む

「がん免疫療法」の情報が氾濫~正しい知識を得るのが<がん克服>のカギ

前立腺がん検診は本当に有効か?利点と欠点の説明は十分に行われていない

PSA(前立腺特異抗原)検査による前立腺がんスクリーニングを受けた男性では、検査のリスクとベネフィットについて医師と話し合った人がわずか3分の1未満に過ぎないことが、新たな研究により示され、「Urology」オンライン版に3月18日掲載された。 つまり、米国でもほとんど…続きを読む

前立腺がん検診は本当に有効か?利点と欠点の説明は十分に行われていない
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波