連載第5回 沸騰するアジア医療圏

アジアにおける「医療観光」の先駆例、タイのバンコク病院

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bankokuhospital.jpg

いわゆる「医療観光」で成功したタイのバンコク病院のHP(https://www.bangkokhospital.com/

 近年、話題になっている、いわゆる「医療観光」。それをアジアで最初に盛り上げた国はタイである。立役者は、民間の株式会社病院だ。日本では病院の株式会社化は認められていないが、タイにおいては医療提供の重要な役割を果たしているのである。

 最初にバンコク病院を紹介しよう。タイで最初の私立病院であるバンコク病院は、1972年2月26日に開業した。当時のベット数は100床であったが、現在ではバンコク・ドゥシット・メディカル・サービシーズ(Bangkok Dusit Medicalservices:BGH)としてタイの証券取引場に上場。その過程で、M&Aを頻繁に行い、1979年に創設されたサミテベート病院、こども病院をはじめとする4つの病院を所有するサミティウェート病院グループ、カンボジアのロイヤルアンコール国際病院、BNH 病院を傘下に収め、現在ではパタヤやプーケット、サムイなど、タイ人気のリゾート地や近隣国のカンボジアに19の医療施設を展開している。

 バンコク病院は医療の質の担保については、各種の第三者認証を受けている。国際病院評価機構(Joint Commission International:JCI)による医療機関認証はいうまでもなく、JCIによる疾病または症状に特化した医療認定を受けているのも特徴である(ちなみにこの認定を受けている医療機関は日本にはない)。

 後者について詳しく述べると、JCIは2002年、疾病管理プログラムを認証するものとしては初の国際的なプログラムとして、疾病または症状に特化した医療(Disease or Condition-Specific Certification:DCSC)認証を発足した。そして、バンコク病院は、「急性冠症候群」「心不全プログラム」「乳房温存療法プログラム」「一次脳卒中センター」の分野でDCSC認証を取得しているのだ。

 さらにアジア病院経営協会賞(Asian Hospital Management Award: AHMA)も受賞している。この賞は国際病院評価機構、ジョンズ・ホプキンス・メディスン・インターナショナルおよび国際病院連盟も参加しており、質の高い医療の功績が評価されて授与されるもので、バンコク病院は「Patient Safety/Quality Medical Care(患者安全/質の高い医療)賞」を受賞した。

 日本でいえば医療機能評価にあたる国内の認証も私立病院で最初に認証を受けた病院の一つである。この病院認証は、タイ国の病院品質向上・認証協会で行われ、認証の重要な基準は、患者サービスと臨床診療両方で継続的な品質向上を図ることをコミットした、患者を主体にした医療へのアプローチである。

 同病院のHPで病室の案内を見ると(https://www.bangkokhospital.com/jp/rooms/)、医療サービス以外の値段が詳細に書かれているのに驚かされる。まるでホテルを選ぶようだ。医療以外の部分での満足感は、こういった視点で得られるのかもしれない。


new_mano20141028.jpg

真野俊樹


真野俊樹(まの・としき)
多摩大学大学院教授
医療・介護ソリューション研究所所長

名古屋大学医学部卒業。医師、医学博士、経済学博士、MBA。
臨床医を経て、95年9月コーネル大学医学部研究員。外資系製薬企業、国内製薬企業のマネジメントに携わる。同時に英国レスター大学大学院でMBA取得。2005年6月多摩大学医療リスクマネジメント研究所教授就任、その後現職。東京医療保健大学大学院客員教授、財団法人医療機器センター客員研究員、JA共済総研客員研究員、JCI アジアパシフィックエリアアドバイザリーボード、篠原学園保育医療情報専門学校校長、NPOMINS理事長、NPOメディカルユニティ理事長、一般社団法人メディカルクオリティアカデミー理事長などを兼任。

主な著書『MBA10人の選択』(はる書房)、『糖尿病療養指導基本トレーニング』(日本医学出版)、『健康マーケティング』『医療マーケティング』『医療マネジメント』『介護マーケティング』『新版 医療マーケティング』(以上 日本評論社)、『医療バイオ、医療IT入門』(薬事日報社)、『入門医療経済学』『入門医療政策』(中公新書)、『保険薬局経営読本』(薬事日報社:編著)、『医療経済学で読み解く医療のモンダイ』(医学書院)、『人事・管理職のためのメンタルヘルスマネジメント』(ダイヤモンド社)、『グローバル化する医療』(岩波書店)、『ジョイントコミッションインターナショナル認定入門』『世界標準のトヨタ流病院経営』(以上 薬事日報社、監訳)、『経営学の視点から考える患者さんの満足度UP』(南山堂)、『医療が日本の主力商品になる』(ディスカバー携書)、『比較医療政策』(ミネルバ書房)、『命の値段はいくらなのか?』(角川Oneテーマ新書)など。
連載「沸騰するアジア医療圏」バックナンバー

真野俊樹(まの・としき)

多摩大学大学院教授、医療・介護ソリューション研究所所長。医師、医学博士、経済学博士、MBA。名古屋大学医学部卒業。臨床医を経て、95年9月、コーネル大学医学部研究員。外資系製薬企業、国内製薬企業のマネジメントに携わる。同時に英国レスター大学大学院でMBA取得。2005年6月、多摩大学医療リスクマネジメント研究所教授就任。その後、現職。東京医療保健大学大学院客員教授、財団法人医療機器センター客員研究員、JA共済総研客員研究員、JCI アジアパシフィックエリアアドバイザリーボード、篠原学園保育医療情報専門学校校長、NPOMINS理事長、NPOメディカルユニティ理事長、一般社団法人メディカルクオリティアカデミー理事長などを兼任。主な著書『MBA10人の選択』(はる書房)、『糖尿病療養指導基本トレーニング』(日本医学出版)、『健康マーケティング』『医療マーケティング』『医療マネジメント』『介護マーケティング』『新版 医療マーケティング』(以上 日本評論社)、『医療バイオ、医療IT入門』(薬事日報社)、『入門医療経済学』『入門医療政策』(中公新書)、『保険薬局経営読本』(薬事日報社:編著)、『医療経済学で読み解く医療のモンダイ』(医学書院)、『人事・管理職のためのメンタルヘルスマネジメント』(ダイヤモンド社)、『グローバル化する医療』(岩波書店)、『ジョイントコミッションインターナショナル認定入門』『世界標準のトヨタ流病院経営』(以上 薬事日報社、監訳)、『経営学の視点から考える患者さんの満足度UP』(南山堂)、『医療が日本の主力商品になる』(ディスカバー携書)、『比較医療政策』(ミネルバ書房)、『命の値段はいくらなのか?』(角川Oneテーマ新書)など。

真野俊樹の記事一覧

真野俊樹
若年性更年期障害を発症しても妊娠できる!? 大切なのは卵巣機能低下の予防法を知ること
インタビュー「若年性更年期障害」第3回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

第1回:まさか20〜30代で更年期障害!?
第2回:20〜30代の「更年期障害」の治療法は?
更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる「若年性更年期障害」の患者も増えている。

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫