「先進医療」の記事一覧

再生医療が最も進む眼科の疾患――患者たちに光をプレゼントできる日も近い!

再生医療に限らず、どのような医療も長い道のりを歩んで実用化される。基礎研究に始まり、トランスレーショナル(橋渡し)研究や臨床研究を重ね、臨床試験(治験)を経て、何年もの歳月、巨額な資金、多くの研究者や科学者の貴重なノウハウや経験が投入されて、初めて臨床現場で実用化され、治療…続きを読む

再生医療が最も進む眼科の疾患――患者たちに光をプレゼントできる日も近い!

妊娠中は赤ちゃんの遺伝子機能を調整する葉酸、ビタミンB群、ビタミンDを積極的に摂ろう

「小さく産んで、大きく育てる」と生活習慣病を発症するリスクが高くなる――。福岡秀興教授(早稲田大学総合研究機構研究院)が唱える「成人病(生活習慣病)胎児期発症説(DOHaD説)」。母親の妊娠前、妊娠中の栄養状態、そして新生児の食生活が、子どもの一生の体質に大きな影響を及ぼすと…続きを読む

妊娠中は赤ちゃんの遺伝子機能を調整する葉酸、ビタミンB群、ビタミンDを積極的に摂ろう

寿命を100歳に延ばせるか? Google の新たなチャレンジは不老不死の研究だった!

「我が国は目標の達成に全力を傾ける。1960年代が終わる前に、月面に人類を着陸させ、無事に地球に帰還させるという目標である」――。およそ半世紀前、未知のフロンティア、月世界旅行への夢を人類に語りかけたのは、時のアメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディだ。 「moonsh…続きを読む

寿命を100歳に延ばせるか? Google の新たなチャレンジは不老不死の研究だった!
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇