「先進医療」の記事一覧

パーキンソン病の再生医療――ES細胞とiPS細胞によるドーパミン産生細胞を脳に移植

パーキンソン病は、ドーパミンを作る中枢神経細胞が、脳の中央部の組織で減少するために、手足の震えや筋肉のこわばりが進行し、体が自由に動かせなくなる難病だ。ドーパミンは、快感、幸福感、意欲などを感じたり、運動機能を調節したりする脳内の神経伝達ホルモン。日本の患者数は約15万人。…続きを読む

パーキンソン病の再生医療――ES細胞とiPS細胞によるドーパミン産生細胞を脳に移植

新型出生前診断で赤ちゃんの異常ではなく妊婦のがんが見つかるという驚くべき報告

非侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)で異常な結果が出た場合、必ずしも胎児に問題があるとは限らず、一部のケースでは母体のがんが見つかる場合もあることが、新たな研究で報告された。米タフツ大学医療センター(ボストン)のダイアナ・ビアンキ氏は、確率は低いが、その可能性を考慮するこ…続きを読む

新型出生前診断で赤ちゃんの異常ではなく妊婦のがんが見つかるという驚くべき報告

莫大な富が動くゲノム資本主義時代、個人の遺伝情報は容易に特定できる!

遺伝子情報は第一級の個人情報だ。shutterstock 前回は、ムーンショットな(途方もない)夢を追いつつ、不老不死の研究に明け暮れる医療ベンチャーCalicoを取り上げた。今回は、遺伝子データベースから、どのようにして個人の素性を特定できるかをレポートしよう。 ゲ…続きを読む

莫大な富が動くゲノム資本主義時代、個人の遺伝情報は容易に特定できる!
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆