「先進医療」の記事一覧

事故による脊髄損傷の再生医療――世界中のバイオテク企業や研究機関の挑戦が続く

脊髄損傷(せきずいそんしょう)は、交通事故、スポーツ事故、転倒事故などで大きな外傷を受けた脊椎が骨折や脱臼を起こし、脳と体をつなぐ中枢神経の脊髄が損傷する病態だ。脊損(せきそん)とも呼ばれる。日本の患者数は10万人以上、毎年5000人以上の患者が発生している。 脱臼や骨…続きを読む

事故による脊髄損傷の再生医療――世界中のバイオテク企業や研究機関の挑戦が続く

約950万人が患う糖尿病の再生医療――インスリンを入れたカプセルを皮下組織に移植

糖尿病といえば、日本人の三大疾病、心疾患、脳疾患、がんに次ぐ国民病。インスリンの欠乏によって血液中のブドウ糖(血糖)の濃度が異常に高まり、高血糖の状態を招く重篤な慢性疾患だ。 ヒトは、食べ物に含まれる三大栄養素(炭水化物、脂質、たんぱく質)を消化・吸収して得たブドウ糖を…続きを読む

約950万人が患う糖尿病の再生医療――インスリンを入れたカプセルを皮下組織に移植

遺伝子差別禁止法のない自主規制のままの日本。野放し状態でプライバシーは守られるのか?

雇用者に遺伝子差別させない米国遺伝子情報差別禁止法(GINA)は、2008年に成立して以来、多くの労働者を守ってきた。 ただし、生命保険、所得補償保険、長期介護保険は対象外のため、労働者を完全に保護できない制度上のネックが残っている。医療記録に残ると保険加入や雇用へ…続きを読む

遺伝子差別禁止法のない自主規制のままの日本。野放し状態でプライバシーは守られるのか?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波