「先進医療」の記事一覧

子どもを含め年間30万症例もある鼠径ヘルニア、わずか25分の手術で再発率1%以下に

1998年7月、クリニックでの「鼠蹊(そけい)ヘルニア日帰り手術」が日本で初めて行なわれた。執刀したのは、東京・神楽坂の執行(しぎょう)クリニックの執行友成医師だ。その3年前から神奈川県の湘南鎌倉総合病院で日帰り手術が行なわれ多くの患者の支持を得ていたが、開業医が日帰り手術…続きを読む

子どもを含め年間30万症例もある鼠径ヘルニア、わずか25分の手術で再発率1%以下に

"再生医療"とは何か?~臓器再生から病気の原因究明、新薬の開発、細胞移植治療まで

事故などでケガをすれば身体の組織が大きなダメージを受ける。病気になると臓器が正常に働かなくなる。 このようにケガや病気によって機能が失われた組織、心臓や肝臓などの臓器を、新しく再生した組織や臓器を作って元に戻す(修復する)こと。つまり、自分の身体から、幹細胞という何にで…続きを読む

健康なのに保険契約を解約され会社を解雇に......、急増する遺伝子差別の実態とは?

今回は、遺伝子差別(Genetic Discrimination)や個人のプライバシー侵害の問題に肉薄しよう。遺伝子差別やプライバシーの侵害のリスクと罠 血は水よりも濃い、親思う心にまさる親心という。蛙の子は蛙、鳶が鷹を生むともいう。いつのご時世も、親子の強い絆は色…続きを読む

健康なのに保険契約を解約され会社を解雇に......、急増する遺伝子差別の実態とは?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆