「先進医療」の記事一覧

2014年最大の茶番劇、STAP細胞騒動をまとめる その2

2014年最大の茶番劇、STAP細胞騒動をまとめる その1 はこちら あきれた。言論の自由への抑圧うんぬんをいう前に、言える自由があるのに、新聞がいうべきことを言っていないではないか。STAP問題の責任についてだ。たまりかねて発言することにした。 今年1月の記者会見で…続きを読む

2014年最大の茶番劇、STAP細胞騒動をまとめる その2

がんに低侵襲の新しい治療方法 国内最大規模のIVRセンターがオープン

「IVR」----このアルファベット3字の略語に医学界の注目が集まっている。正確な英単語は「InterVentional Radiology:インターベンショナル・ラジオロジー」。日本では「放射線診断技術の治験的応用」と訳されたり、[血管内治療]や[血管内手術]「画像下治…続きを読む

がんに低侵襲の新しい治療方法 国内最大規模のIVRセンターがオープン

画像診断の精度アップで血管の狭窄や極小がんを早期発見

日本人の現在の4大死亡原因といえば、がん・心臓病・肺炎・脳卒中である。がんについては、PET全身検査・診断がいま盛んに行われている。心臓のCT検査も、いまでは簡単に行なえるようになった。 これまで狭心症や心筋梗塞などの、いわゆる「虚血性疾患」の確定診断には心臓カテーテル…続きを読む

画像診断の精度アップで血管の狭窄や極小がんを早期発見
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子