「先進医療」の記事一覧

傷跡が残るか否かは医師次第。痛みなく、美しく治せる湿潤治療する医師はまだ少数派

怪我や火傷したときはまず消毒。ガーゼを当てて絆創膏を貼る。傷は乾かしてカサブタを作って治す...これが常識だと思っている人はまだ多いはずだ。実は医師の中にもこれが常識だと思っている人が少なくない。 しかし、傷は絶対に消毒してはいけない。傷からにじみ出てくる水分、浸出液を…続きを読む

傷跡が残るか否かは医師次第。痛みなく、美しく治せる湿潤治療する医師はまだ少数派

画像診断の精度アップで血管の狭窄や極小がんを早期発見

日本人の現在の4大死亡原因といえば、がん・心臓病・肺炎・脳卒中である。がんについては、PET全身検査・診断がいま盛んに行われている。心臓のCT検査も、いまでは簡単に行なえるようになった。 これまで狭心症や心筋梗塞などの、いわゆる「虚血性疾患」の確定診断には心臓カテーテル…続きを読む

画像診断の精度アップで血管の狭窄や極小がんを早期発見

NASAが「睡眠障害」を解決する!?  宇宙飛行士が抱える寝不足問題の原因とは?

一般人の宇宙旅行も、そう遠くない将来に実現しそうである。ただし、睡眠障害をわずらうというリスクはありそうだ。 これまで宇宙に飛び立ってきた宇宙飛行士たちは、かなりの睡眠障害に陥ってきた。このほどNASA、(アメリカ航空宇宙局)が資金を提供して行われた研究によって、宇宙飛…続きを読む

NASAが「睡眠障害」を解決する!?  宇宙飛行士が抱える寝不足問題の原因とは?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆