「先進医療」の記事一覧

遺伝子検査サービスを安易に利用したり、検査結果を軽率に判断しないためのチェックリスト

2014年12月4日、日経BP社が主催する第1回次世代パーソナル・ゲノム・サービス(PGS)フォーラムのシンポジウムが東京で開催された。そこにはDTC(消費者向け)遺伝学的検査サービスを提供するDeNA、エバージーン、ヤフーの各社が参加・講演。生命情報システムや生命倫理のエ…続きを読む

遺伝子検査サービスを安易に利用したり、検査結果を軽率に判断しないためのチェックリスト

検査コストを1万4400分の1にまで下げたヒトゲノム解析の新ムーブメント

「20世紀科学の最高の発見」と絶賛されたヒトゲノム解析の偉業に、2007年、新たなムーブメントが起きる。それがGWAS(ジーバス/Genome-Wide Association Study =ゲノムワイド関連解析)だ。 前回は、「ヒトゲノム(全遺伝情報)計画」の概要につい…続きを読む

検査コストを1万4400分の1にまで下げたヒトゲノム解析の新ムーブメント

日本の医工連携は本当に進むのか? 医療機器開発の明日は!?

1月30日、内閣官房(健康医療戦略室)、文部科学省、厚生労働省、経済産業省は、医療機器の開発初期段階からの事業化、販路の開拓に至るまで切れ目なく支援する「医療機器開発支援ネットワーク」の活動の一環として、事業者と全国各地の地域支援機関などとの連携・情報共有を促進するため「第…続きを読む

日本の医工連携は本当に進むのか? 医療機器開発の明日は!?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇