「先進医療」の記事一覧

妊娠の継続か否かの決断は、ひとりひとりの妊婦さんで異なる

胎児クリニック東京で行うことのできる、妊娠初期における出生前診断の検査内容は、「血清マーカー」と「超音波検査」の2本柱からなる。妊婦さんの血液中のタンパク質やホルモン濃度を測定する「血清マーカー」と、胎児の形態的特徴について観察する「超音波検査」の組み合わせで、染色体異常の…続きを読む

妊娠の継続か否かの決断は、ひとりひとりの妊婦さんで異なる

がんの最新治療は、必ずしも最善の治療法ではない

人は健康なときは、「自分は絶対病気にならない」「がんになどならない」と思っているものです。ですから、がんになって始めて、あわてて情報を集めようとします。ところが、気を付けなければいけないことは、今の日本で、正しいがんの情報を手に入れるのは、極めて難しい状況にあるということで…続きを読む

がんの最新治療は、必ずしも最善の治療法ではない

片付けられない、仕事ができない......。「ダメな自分」は、大人のADHDが原因かも?

部屋が片付けられない、約束を忘れる、仕事に集中できない、しなければいけないことがあるのについ別の事を始めてしまう......。もしかするとあなたも、こんな自分の性格に悩み、自己嫌悪してはいないだろうか? 実は近年、こうした行動の傾向は単に性格的なものばかりではなく、脳…続きを読む

片付けられない、仕事ができない......。「ダメな自分」は、大人のADHDが原因かも?
処女と童貞で結婚、一度もセックスができない<未完成婚>の原因は……
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第2回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並び、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるが女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆