「先進医療」の記事一覧

遺伝子差別禁止法のない自主規制のままの日本。野放し状態でプライバシーは守られるのか?

雇用者に遺伝子差別させない米国遺伝子情報差別禁止法(GINA)は、2008年に成立して以来、多くの労働者を守ってきた。 ただし、生命保険、所得補償保険、長期介護保険は対象外のため、労働者を完全に保護できない制度上のネックが残っている。医療記録に残ると保険加入や雇用へ…続きを読む

遺伝子差別禁止法のない自主規制のままの日本。野放し状態でプライバシーは守られるのか?

巨人Googleがパーソナル・ゲノム・サービスに本格的に参戦 その野望とは!?

この連載では、多角度からパーソナル・ゲノム・サービスの現象と本質を俯瞰しながら、数々の遺伝子検査にまつわるトピックを探ってきた。世界の動向を追ううちに明確な事実に気づかされる。それは、23アンド・ミーに出資し、情報ビジネスの頂点に君臨するインターネット検索エンジンGoogl…続きを読む

巨人Googleがパーソナル・ゲノム・サービスに本格的に参戦 その野望とは!?

遺伝子検査で予防的乳腺切除手術をしたアンジェリーナ・ジョリーの真相

2013年11月、FDA(米国食品医薬品局)は、23アンド・ミー(23andMe)が提供する「唾液採取キットおよび個人ゲノムサービス(PGS)」の販売中止命令を出した。 その半年前の5月、女優のアンジェリーナ・ジョリー氏が遺伝子検査の結果、家族性乳がんを発症するリスクが…続きを読む

遺伝子検査で予防的乳腺切除手術をしたアンジェリーナ・ジョリーの真相
処女と童貞で結婚、一度もセックスができない<未完成婚>の原因は……
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第2回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並び、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるが女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆