「先進医療」の記事一覧

心臓カテーテルは研究者が自分で人体実験! 腕の血管から心臓まで管を通した

医学の進歩にとって“人体実験”は必要不可欠なものでした。われわれが日常的に用いている医薬品や医療器具は、人間を対象とした試験で安全性や有効性が確認できたからこそ利用できるようになったのです。 現在では当たり前とされている治療法も、確立されるまでは試行錯誤がありました。そ…続きを読む

心臓カテーテルは研究者が自分で人体実験! 腕の血管から心臓まで管を通した

事故による脊髄損傷の再生医療――世界中のバイオテク企業や研究機関の挑戦が続く

脊髄損傷(せきずいそんしょう)は、交通事故、スポーツ事故、転倒事故などで大きな外傷を受けた脊椎が骨折や脱臼を起こし、脳と体をつなぐ中枢神経の脊髄が損傷する病態だ。脊損(せきそん)とも呼ばれる。日本の患者数は10万人以上、毎年5000人以上の患者が発生している。 脱臼や骨…続きを読む

事故による脊髄損傷の再生医療――世界中のバイオテク企業や研究機関の挑戦が続く

"再生医療"とは何か?~臓器再生から病気の原因究明、新薬の開発、細胞移植治療まで

事故などでケガをすれば身体の組織が大きなダメージを受ける。病気になると臓器が正常に働かなくなる。 このようにケガや病気によって機能が失われた組織、心臓や肝臓などの臓器を、新しく再生した組織や臓器を作って元に戻す(修復する)こと。つまり、自分の身体から、幹細胞という何にで…続きを読む

美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆