「先進医療」の記事一覧

サルを用いた実験で「自閉症遺伝子」の解明に〜霊長類モデルには倫理的問題も

サルによる実験で「自閉症遺伝子」が解明されるかもしれない――。 中国の科学者たちによって「自閉症様の行動に関連する遺伝子」を保有するサルの作製が成功した。その研究報告がオンライン版『Nature』誌にて掲載された。共著者を代表して上海・中国科学院神経科学研究所のZilo…続きを読む

サルを用いた実験で「自閉症遺伝子」の解明に〜霊長類モデルには倫理的問題も

水木しげるは戦時中に麻酔なしで左腕を切断!現代の四肢移植・再接合技術は?

「ゲゲゲの鬼太郎」で有名な漫画家、水木しげるが11月30日の朝、多臓器不全のため都内の病院で逝去した。享年93歳。水木氏は先月11日に自宅で転倒して入院、硬膜下血腫で緊急手術を受けた後の死であった。故人の冥福をお祈りしたい。 朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」にも描かれて…続きを読む

水木しげるは戦時中に麻酔なしで左腕を切断!現代の四肢移植・再接合技術は?

未承認の「幹細胞治療」に警告! 安全性や有効性が明らかでない治療を"売っている"

さまざまな組織や臓器の細胞に成長させたり、増殖させたりすることができる「幹細胞」。iPS細胞(人工多能性幹細胞)をはじめ、再生医療における幹細胞への期待は大きい。経済産業省の推計では、2050年の再生医療の世界市場規模は38兆円、周辺産業は15兆円まで拡大する見通しだ。…続きを読む

未承認の「幹細胞治療」に警告! 安全性や有効性が明らかでない治療を
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇