連載「病理医があかす、知っておきたい“医療のウラ側”」第8回

ニホンザルには閉経がない~日本人の長寿は“自然の摂理”に反している!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
31988-2.jpg

ニホンザルには閉経がないという

 ずいぶん前の話だが、高崎山のサルの話が新聞の紙面をにぎわした。あるグループのボスが、別グループの「おばあちゃん猿」に惚れて自分のグループを飛び出したため、今では一兵卒になりさがってしまったという話である。

 そして、その魅力あふれるメスは人でいえば70歳に相当するという。

 この話には納得できないため、一言物申す。

 ある深夜番組の特集を見て、東武動物公園にある動物園の園長さんの話に驚かされた。ニホンザルには閉経がないという。閉経という現象が見られる哺乳動物は、人と飼い犬、飼い猫を除くと、自然界ではゾウが唯一なのだそうだ。

 ただし、閉経になったメスは自ら群れを離れて餓死してゆくらしい。 その深夜番組の主題は、“だから、長い老後のセックスをエンジョイしましょう”だったのだが――。

 確かに、50歳で閉経を迎えた後も、それまでの生殖可能年齢と同じくらい生きる現代の日本人にとって、この主題が大きな意味をもつことは否定しない。

生殖年齢を過ぎたら生物は死ぬ運命にある

 さて、2つの話をつなげてみよう。上の計算は明らかにおかしい。まだ子どもを産めるこの「メス猿」は大いなる中年の魅力、強烈なセックスアピールを発揮していたに違いない。サルを人の年齢に換算する際に、日本人の平均寿命である80歳を当てはめた点が問題なのだ。

 日本人が平均して80年以上も生きることが、“自然の摂理”に反していると考えるべきではないだろうか。人の寿命がほぼ閉経の年齢だった昔の日本や現在の途上国のほうが、理に適っているのかもしれない。

 急流を遡上したサケは、産卵・射精すると死亡する。セミも交尾・排卵を終えると生涯を閉じる。越冬するカミキリムシはいるそうだが、そうした非効率は自然界では例外的なのではなかろうか。

堤寛(つつみ・ゆたか)

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大学医学部卒、同大学大学院(病理系)修了。東海大学医学部に21年間在籍し、2001年から現職。「患者さんに顔のみえる病理医」をモットーに、病理の立場から積極的に情報を発信。患者会NPO法人ぴあサポートわかば会とともに、がん患者の自立を支援。趣味はオーボエ演奏、日本病理医フィルハーモニー(JPP)団長。著書に『病理医があかす タチのいいがん』(双葉社)、『病院でもらう病気で死ぬな』(角川新書)、『父たちの大東亜戦争』(幻冬舎ルネッサンス)、『完全病理学各論(全12巻)』(学際企画)など。

堤寛の記事一覧

堤寛
部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫