「油性マーカー『マッキー』で白髪染め」を紹介し女性誌がお詫び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「油性マーカー『マッキー』で白髪染め」を紹介し女性誌がお詫びの画像1

ヘアカラー剤による被害相談事例は5年間で1000件超(shutterstock.com)

 「白髪も厄介ですよね。でも、猫を飼ってるのと同じかな」、そんなシャレた言い回しでアラフィフの加齢現象を語っているのは小泉今日子さん(50)。世間の未魔女賛歌やアンチエイジング至上主義にも抗わず、これまでにも「老化は進化」とマイペースな発言をしている。
 
 彼女がたとえたように、白髪は“手のかかる猫”。本当に厄介だ。頻繁に美容院で染めてもらうのは経済的に無理がある。じぶんで染めるのは節約になるがムラが気にかかる。外出直前の鏡のなかに数本発見した時なんかはブラシで隠しても落ち着かない……。

 そんな節約派の現実的悩みに応えるべく、いささか大胆な提案記事を掲載したのが『美ST』2016年4月号(2月17日発売)。題して「発見!白髪染めを2カ月に1回にする方法」。

 その時間的・経済的節約秘術というのがなんと、ゼブラ社の油性マーカー『マッキー』を毛染め剤の代用品として誤魔化そうという過激なウラ技だった !

勇み足だった超絶コスパな毛染め秘術

 雑誌が発売されるや、たちまちネット上でも大反響。「この発想はなかった!」「マッキー万能すぎる!」「超絶コスパ良好なんですけど!」など、一部で絶賛の声が飛び交った。

 が、本来や字や絵を描く用途を逸脱した提案を当のゼブラ社が黙認しなかったようで(そりゃそうだ)、3月24日付の編集部ブログに「訂正とお詫び」文が掲載されて斯界の失笑を買った。

 「頭髪に使用するにあたって、十分な健康・安全上の配慮、およびゼブラ株式会社への取材を行うことなく記事を掲載したことを関係者の皆様にお詫び申し上げるとともに、記事を訂正させていただきます」
 
 そうなると巷間評も「筆記具を推奨しちゃいかんよなぁ」「昭和ならOKなネタだな(笑)」と一転し、「マッキーをアイラインにしていた元ギャルが書いたんじゃないの?」と取材記者の劣化ぶりを突くような指摘も書き込まれた。

「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは? 
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」前編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。京野アートクリニック高輪の院長である京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真