女優・中谷美紀さんの美容術、糖質制限が美肌を生む仕組みとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kekkonndekinai-2.jpg

中谷美紀さんの美容術とは?(写真はドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』の公式HPより)

 現在放送中のTBS系金曜ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』のヒロイン・橘みやびは、東京・青山で美容皮膚科クリニックを営む39歳の開業医という設定だ。

 その第一話で、独身女同士のグルメ女子会が描かれ、彼女がこんなセリフを言い放った。

 「日本酒は駄目、糖質が高いから。白米も私はナシで結構です」

 舞台は、この日、初めて訪れた和風割烹『とくら』。中谷美紀さん扮するヒロインのそんな唐突な言い草に、藤木直人さん演じる店主・十倉誠司がにらみつけるというシーンだった。

 面白いのは、主役の中谷さん自身が、番組開始と相前後した朝日新聞紙上(4月17日付)の番宣的連載コラムで、次のような〝ヒロイン擁護〟を我が身に重ねて綴っていた点だ。

 「しかし、どうぞお許しを。みやびにも、私にも糖質を制限する正当な理由があるのです。私の主治医曰(いわ)く、糖質の摂取による血糖値の急激な上昇が、インスリンの過多をもたらし、低血糖状態を誘発することがあるそうです」

糖化反応の知識を体得しよう

 と、ここまでは、いわば血糖(値)の基礎知識、糖尿病をかかえる人々には常識だ。しかし、美人にして聡明なイメージの女優・中谷さんは、こう続ける。

 「すると、眠気、倦怠感に襲われ、下がった血糖値を上げようとアドレナリンなどが働くことで、今度はイライラの原因となります。」

 じつは中谷さん、昨秋放送のバラエティ番組内で、6年間にわたるベジタリアン生活を告白。その間の深刻な体調不良秘話(めまいや突発性難聴や情緒不安定など)も明かしていた。直筆コラムの行間にも、リアルさが感じられる。

 もし、こんな美人開業医が実在し、眼前で上記のような解説をしてくれてら、きっと男性患者の多くが身を乗り出して拝聴しているはず。さらに、この中谷さんのコラムが、同世代の女性読者層をも巻き込んで興味をひくのは、次の行からだろう。

 「また、糖質が過剰になった身体はまず糖から代謝しようとするため、脂質の代謝が後回しになるそうで、使い切れなかった脂質がニキビとなり、さらには、アドレナリンが化膿を促して、なかなか治らない大人のニキビ肌を完成するそうです」

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘